『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 監督が見抜いた秘めたる才能

最新ニュース

『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
  • 『戦火の中へ』チェ・スンヒョン×イ・ジェハン監督 photo:Yoshio Kumagai
韓国出身の人気グループ、「BIGBANG」のT.O.Pことチェ・スンヒョンが映画に初主演。しかも、その記念すべき作品は、韓国映画界が総力を結集し、巨額の製作費が投じられた戦争超大作だ。朝鮮戦争を戦う学徒兵が母親に宛てた手紙を基に、若くあどけない学徒兵たちの痛切な運命を描く『戦火の中へ』。学徒兵のリーダーとなる主人公、ジャンボムを熱演したスンヒョンと、そんな彼から映画スターとしての魅力を存分に引き出したイ・ジェハン監督に話を聞いた。

ジェハン監督「スンヒョンは消化しきれないほどのエネルギーの持ち主」

揃ってプロモーション来日を果たしたスンヒョンとジェハン監督。『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』を手掛けたことでも知られるジェハン監督は、スンヒョンにとっていまや「実の兄のような存在」だという。
「ジェハン監督は正真正銘のプロ。真摯で温かく、慎重で落ち着いていらっしゃる方なんですが、演出の場では目力が強く、別人じゃないかと思わされる瞬間がよくありました。そんな中、監督はいつも僕を褒め、“君ならできる”と自信を与えてくれたんです。だからこそ、不可能だと感じたり、難しいと思えたシーンにもチャレンジできました。監督のいままでの作品をご覧になった方ならお分かりいただけると思いますが、監督は良い意味で繊細な面を持っている人。それがデリケートな作風や映像美になって表れていると思います。そんな監督といつか肩を並べられる自分になりたいですし、監督のような格好いい大人に憧れます」。

尊敬の念を口にするスンヒョンを横に、「隣にいるので恥ずかしいんですが…」と照れる監督。そんなジェハン監督の“俳優チェ・スンヒョン評”はこうだ。
「彼は素晴らしい俳優としての資質をたくさん備えています。想像力、集中力、観察力、さらには本人も消化しきれないほどのエネルギーと爆発力があるんです。この意見は、映画をご覧になった方にもきっと賛同していただけることでしょうね」。

一言一言愛おしむように言い終えてから、「そうでしょ?」とスンヒョンに視線を送る監督。すると、「僕はもっと恥ずかしいです」とスンヒョンも照れ始めてしまった。

過酷な朝鮮戦争の現状と、スンヒョン演じる学徒兵ジャンボムの不安や恐怖を物語るシーンから映画は始まる。「不可能だと感じたり、難しいと思えたシーンにもチャレンジできました」と言ったスンヒョンだが、最もハードだと感じたシーンはどれだろうか。
「やはり冒頭の戦闘シーンですね。若きジャンボムが初めて戦場に赴く姿が描かれているんですが、手に武器を持ち、体にも武器を巻きつけているんです。ジャンボム自身も武器の重さを体感しているシーンですが、実際、生まれてからいままでの間で僕が最も“重い…”と感じた時間でしたね。100キロ以上はあったはずですし、物理的に感じ得る一番の重さだったと思います。しかも、初めて戦場に赴いた恐怖を表している場面でもあったので、リアルな緊張感を出すため、監督は爆発物がどこに仕掛けられているのかを教えてくれませんでした(笑)。本当に身が引き締まりましたし、本物の戦場に臨む心構えでしたね。肉体的にもハードで、その恐ろしさはショックに近いものがありました。他のどのシーンよりも傷が絶えなかったと思います」。

リアリティの追求もここまで来ると恐れ入るが、見事にこなしたスンヒョンを監督は称賛する。
「あれは10分以上に及ぶばかりか、その7割以上のカットを彼の役が牽引するシーンでした。そんな中でアクションをこなさなければいけないのですから、彼は非常に苦痛を感じたでしょうし、恐れも先立っていたでしょうね。けれど、素晴らしかったと思います」。

一方、監督がハードだと感じた瞬間は、撮影現場の外にもあったのだそう。
「全ての戦闘シーンが苦労の連続でしたから、大変だったことを挙げればきりがないです。撮影が進むにつれ、精神的にも体力的にも限界に近づいていきましたね。撮影自体、ちょうど昨年のいま頃に行われましたから、まさに真冬の撮影だったんです。マイナス20度の朝に撮影を始めることもあり、ベッドから渾身の力を振り絞って起き上がる瞬間が最もハードでした(笑)」。

スンヒョン「新たな自分を発見することができた」

心身共に過酷な現場を生き抜いたからこそ、スンヒョンに寄せる監督の信頼もあつい。再びタッグを組むとしたら? と尋ねると、「私は彼をアジアのジェームズ・ディーンにしたいんですよ。『理由なき反抗』なんて、彼にぴったりだと思いませんか?」と監督。それを聞いたスンヒョンは「僕の隣の家にジェームズという名前のアメリカ人が住んでいるので、彼と一緒に演じようかな。僕はディーンになります(笑)」と若干微妙なジョーク(?)で照れ隠し。「冗談デス…」と日本語で呟いた後、嬉しさを隠しきれない様子でこう語った。
「ジェハン監督は常に様々なアドバイスをしてくれるし、プライベートで会うことも多いんです。撮影中よりも、撮影を終えてからの方がたくさん会っているかもしれない(笑)。僕はまだ未熟なので自分自身のことをよく知れていない面もあるのですが、もしかしたら監督は僕自身が分かっていない僕のことを分かってくれているかもしれない。ですから、監督が着せてくれる服が自分に最もよく似合う服じゃないかなと思いますし、今回の作品を通して、いままでは気づかなかった自分を発見することもできました。そんなことを考えるきっかけになった作品と監督に巡り合えて幸せです」。

《photo:Yoshio Kumagai / text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top