斉藤由貴 20年以上前の大森監督の撮影手法に「うっとうしい!」といちゃもん?

最新ニュース

『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
  • 『世界のどこにでもある、場所』トークイベント
2月17日(木)、映画『世界のどこにでもある、場所』の試写会に監督の大森一樹と音楽のかしぶち哲郎(ムーンライダーズ)、そして、数々の大森作品でヒロインを演じてきた斉藤由貴が出席し、上映前にトークイベントが行われた。

動物園と遊園地が併設されたテーマパークで、詐欺の容疑者に警察にマーチバンドの楽団に…と様々な人々が入り乱れる群像劇で、現代の社会が抱える“心の病”が描かれる本作。10年ほど前の、監督の地元の遊園地が閉園したことをきっかけに、脚本を書き始めたという大森監督。「その閉園した遊園地で撮ろうと思ってたら、そこが使えなくなりまして…。10年ずっと温めてきた…というか棚の隅に置いといたんです。それが2年前にたまたま、何かできないかという話になって、こうして製作にいたりました」と完成までの奇妙な経緯を説明。かしぶちさんは完成した映画を「80年代からずっと一緒に仕事してきましたが、一番いいんじゃないですか」と絶賛。音楽については「僕も作曲に10年かけたかったけど、10日で作りました」と明かしたが、監督は「撮影も10日間。構想10年で撮影10日です」と豪快に笑った。

そして、斉藤さんが登場! 『恋する女たち』をはじめ、数々の大森作品に出演してきた斉藤さんだが、大森監督、斉藤さん、かしぶちさんの3人で揃って仕事をしたのは1987年公開の『「さよなら」の女たち』が最後ということで実に24年ぶりの揃い踏み! 

監督は撮影の思い出として「カメラの横から芝居を見ていたら、カットの後に由貴ちゃんが近づいてきて『カメラの横で私と同じ顔しないでください!』って言われたことがあった」と苦笑い。これに斉藤さんは「私と全く同じタイミングで表情が変わるんです。うっとうしくてしょうがない」と鋭く畳みかけ、客席からは笑いがわき起こった。

かしぶちさんは斉藤さんについて「歌声もかわいいけど、作詞が素晴らしい。詞を書いてもらおうと思ってたけど、時機を逃しちゃった」と残念そう。3人が久々に揃うということで用意された『トットチャンネル』で挿入歌として使用された、かしぶちさんの作曲で斉藤さんが歌う「Angel Kiss」が流されたが斉藤さんは「懐かしい!」と少し恥ずかしそうに自身の歌声に耳を傾けていた。

大森監督が最後にまもなく公開となる本作について「公開規模は少ないですが、久々に好きなようにやった映画ですのでぜひ観てください」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

『世界のどこにでもある、場所』は2月26日(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top