『もしドラ』前田敦子クランクアップ! 真冬の撮影に半袖で高校野球の女子マネ熱演

最新ニュース

『もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら〜』クランクアップ
  • 『もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら〜』クランクアップ
222万部を超える大ベストセラーをAKB48の前田敦子主演で映画化した『もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら〜』が2月17日(木)未明に都内のスタジオでついにクランクアップ! 撮影の様子や前田さんのコメントなどが到着した。

原作は2010年のベストセラー総合1位(トーハン調べ)となった岩崎夏海による小説。すでに「SUPER JUMP」(集英社刊)で漫画化され、この3月からNHK総合でアニメ化されることも決定している。高校の野球部のマネージャーとなった女子高生・みなみは、マネージャーの仕事について書かれた本として誤って“経営学の父”と呼ばれるドラッガーが書いた、経営者(マネージャー)の必読書である「マネジメント」を購入してしまう。だが、彼女はそこに書かれている数々の精神や理論を高校野球に置き換えて実践。ドラッガーの至言は徐々に部全体に波及し、弱小だった野球部は甲子園を狙うまでに急成長を遂げていく…。

物語の設定は高校野球の季節…すなわち真夏だが、撮影が開始されたのは1月11日(火)。関東近郊の球場やグラウンドでロケが行われ、2月に入ってからは大雪に見舞われながら、前田さんをはじめとするキャストは半袖の衣裳で撮影に臨んだ。「真冬に真夏の映画を撮ることにビックリしました。鳥肌を一瞬で直す方法も身につけました! エキストラのみなさんが頑張って半袖で演じてくれたので、夏気分で演じることができました」とは前田さんの弁。マイナスの気温の中で数百から一千人のエキストラが参加し、“真夏の熱狂”のシーンを作り上げていった。

前田さんのクランクアップとなった16日(水)から17日(木)未明にかけての撮影では、みなみが「マネジメント」から“顧客とは何か”という重要な理論を学ぶ様子が撮影された。クランクアップの瞬間に、田中誠監督から花束を手渡された前田さんは、疲れを感じさせない満面の笑み。クランクアップを迎えての感想を尋ねると「まだ実感がわきません。この1か月はすごく濃くて、明日からまた半袖を着て野球場で撮影をしにいく気分です」とコメント。

さらに「共演者のみなさんに支えていただき、(監督役の)大泉さんには親戚のおじさん並に遊んでもらいました。程久保高校野球部のメンバーには、本当に感動させられました。雪が降っている中で撮影したとは思えないくらい、夏に見える作品になっていると思うので楽しみにしていてください!」と仲間への感謝と共に手応えもしっかりと口にした。

今後、20日(日)の野球部のシーンの撮影で全ての撮影が終了し、4月下旬の完成が予定されている。前田さんのほかに野球部のエース役の瀬戸康史、後輩のマネージャーに同じくAKB48の峯岸みなみ、さらに若手成長株の池松壮亮に、本作でスクリーンデビューを果たす川口春奈などが出演。「もしドラ」ブームはまだまだ続きそうだ。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』は6月、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top