『マイ・バック・ページ』山下監督があの青春映画の秘話披露 カエラや沢尻が…

最新ニュース

『マイ・バック・ページ』 山下監督トークショー
  • 『マイ・バック・ページ』 山下監督トークショー
  • 『マイ・バック・ページ』 山下監督トークショー
  • 『マイ・バック・ページ』 山下監督トークショー
多くの映画ファンに惜しまれつつ、閉館が決まったミニシアターの雄・渋谷シネセゾンにて2月23日(水)、同館で大ヒットを記録した青春映画『リンダ リンダ リンダ』がクロージング特別上映された。上映前にはメガホンをとった山下敦弘監督がトークショーに登壇し、当時の思い出をはじめ、妻夫木聡&松山ケンイチ共演の最新作『マイ・バック・ページ』について語った。

『リンダ リンダ リンダ』は学園祭を前に空中分解寸前だった女子高生バンドが、ペ・ドゥナ演じる韓国人留学生をメインボーカルに招き入れ、人気バンド「ザ・ブルーハーツ」のカバーに挑む青春ストーリー。当時の山下監督にとっては、初のメジャー規模での映画製作で「ブルーハーツに特別思い入れがあったわけではないし、いまの女子高生がブルーハーツを歌って面白くなるのかな…って、気持ち的には乗らなかった」。そんな後ろ向きな(?)山下監督の背中を押したのは、先輩にあたる熊切和嘉監督からの「でも仕事来てないんでしょ? 断る理由もないじゃん。俺なら撮るけど」という言葉だったのだとか。一方、山下監督も映画『ほえる犬は噛まない』で主演を務めたペ・ドゥナに興味があったといい、「ダメ元でプロデューサーに話をしたら、意外や意外『それいいですね』って。ちょうど『子猫をお願い』のプロモーションで彼女が来日すると聞いて、慌てて会いに行きました」と舞台裏を披露。「急きょ主人公を韓国人に書き換えたが、ブルーハーツを日本人が歌うと“意味”がついちゃうし、結果的にすごく良かったですね」とペ・ドゥナの起用が、作品作りの大きな原動力になったと語った。

キャストの大半はオーディションで決定。バンドメンバーには前田亜季、香椎由宇、関根史織(Base Ball Bear)が選ばれた。先日、香椎さんは第一子となる男児を出産したが、「いまやお母さんですもんね。当時は18歳で、何というか暗かった(笑)。物静かで独特な雰囲気が印象的でした」と山下監督もしみじみした表情だ。さらに同作にはブレイク前の松山ケンイチや小出恵介も出演。「まさかあんなに有名になるとは」とキャスティングした山下監督本人も驚きを隠せない様子だった。ちなみにオーディションには当時は無名に近かった木村カエラや『パッチギ!』に出演したばかりの沢尻エリカの姿もあり、「沢尻エリカは『10代でこのオーラかよ』って感じで、ものすごく怖かった」そうだ。

そんな山下監督が、約3年ぶりにメガホンに取った最新作が『マイ・バック・ページ』だ。原作は映画評論をはじめ幅広い分野で活躍する川本三郎が、ジャーナリスト時代に経験した日々を綴った衝撃の同名ノンフィクション。理想に燃え、新聞社が発行する週刊誌編集部で働く記者・沢田(妻夫木さん)と、左翼活動家・梅山(松山さん)との出会いを軸に、反戦運動や全共闘運動に揺れた70年代の“熱”を活写する。

「2人とも基本的には真面目」と主演俳優を語る山下監督。しかしタイプは対照的だといい「妻夫木くんは撮影前から役を作りこんでくれた。シナリオにもぎっしり書き込みがありますね。松山くんは『リンダ リンダ リンダ』以来、久しぶりだったけど、臨機応変で現場で役を作る柔軟性がある」。注目の初共演が生み出す化学反応も『マイ・バック・ページ』の大きな見どころとなりそうだ。

『マイ・バック・ページ』は5月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top