瑛太が元犯罪者の警官役でバイクで大暴れ! 伝説的漫画「ワイルド7」映画化決定

最新ニュース

『ワイルド7』に出演することになった瑛太
  • 『ワイルド7』に出演することになった瑛太
1969年〜79年に「週刊少年キング」(少年画報社刊)で連載され、絶大な支持を集めた伝説的漫画「ワイルド7」が瑛太を主演に迎え、『海猿』シリーズの羽住英一郎監督の手で映画化されることが決定した。

本作の魅力はずばり、悪人が悪人を裁くという設定。選りすぐりの犯罪者の中から徴収された7人の警察官(ワイルド7)が超法規的存在として悪人を問答無用で叩きのめすという、原作の連載当時としては革新的な設定と、スピーディーかつ意外性に富んだ物語は、どこかハリウッド映画的なスケール感を持っており、「バイクに乗った7人のアウトロー警視」というキャッチコピーで多くのファンを魅了してきた。

一見、どうしようもない悪党集団であり、社会のはみ出し者である彼らが、一度、出動命令が下るとそれぞれの力を発揮し、見事なチームプレイを披露する。時には任務のために自らを犠牲にし、仲間を救うために危険を顧みない姿は今回の映画でも健在。もちろん、大迫力のアクションも映画では最新の映像技術で再現している。原作漫画の大胆なコマ割りや銃口の内側から世界をのぞくといった意外な視点、緻密なメカ描写などなど…これらの描写は実写化のための壮大な絵コンテだったのでは? と錯覚するほど映画は原作の迫力&興奮を再現しており、日本版『007』『ミッション・インポッシブル』といった様相。

瑛太さんが演じるのはワイルド7の最年少メンバーでありながらも、実働部隊のリーダーを務める飛葉大陸(ひば だいろく)。飛葉ちゃんの愛称で親しまれる彼は、メンバー随一の戦闘能力とライディングテクニックを備えた男で、リーダーとしての指揮能力も一級品! 犯罪者から警察官に変貌を遂げたダークヒーローというこれまでにない役柄を、瑛太さんがどのように演じるのか? 自身、大型二輪免許を持っている瑛太さんのバイクテクニック、ビジュアルも含め楽しみなところだ。

『銀色のシーズン』に続き、瑛太さんとは2度目のタッグとなる羽住監督は「伝説の原作をリスペクトしながら、スケールの大きな新しい痛快アクション・エンターテイメント映画にしたいと思っているので、瑛太には観客の度肝を抜く強烈なニューヒーローを演じて貰いたいです!」と意気込みを語る。

阿部秀司プロデューサーが語る本作のコンセプトは「悪(ワル)対 悪(アク)」。40年前の原作を映画化するに当たり、設定を現代に変更し、監督を中心に1年近くの時間が脚本作りに費やされたという。

『ワイルド7』は3月にクランクインの予定。ほかの仲間たちや敵役のキャスティングなども今後、注目を集めそうだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top