【アカデミー賞】『英国王のスピーチ』コリン・ファースが予想通りの主演男優賞!

最新ニュース

アカデミー賞で主演男優賞を受賞したコリン・ファース -(C) AP/AFLO
  • アカデミー賞で主演男優賞を受賞したコリン・ファース -(C) AP/AFLO
いよいよ終盤に差し掛かってきた第83回アカデミー賞。先ほど主演男優賞が発表され、見事オスカーを手にしたのは、大方の予想通り『英国王のスピーチ』のコリン・ファース! 昨年の覇者ジェフ・ブリッジスや作品賞でのライバル『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ、さらにハビエル・バルデム、今年の司会進行も務めるジェームズ・フランコら強敵を抑えての受賞となった。

昨年、『シングルマン』でパートナーを失ったゲイの男性を演じ初めて主演男優賞候補に名を連ねたコリン。英国王ジョージ6世役で2年連続ノミネートとなった今年、50歳にして見事にオスカーを射止めた。

今年のアカデミー賞において、おそらく最も「堅い」とされてきたコリンの主演男優賞受賞。ゴールデン・グローブ賞に2年連続となる英国アカデミー賞など主要な賞を軒並み獲得してきたが、その分、プレッシャーも相当だったのでは?

プレゼンターのサンドラ・ブロックがコリンの名を呼ぶと、「本当に信じられない気持ち。非常に嬉しい」と喜びの言葉を口にした。また、本作で共演したジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、トム・フーパー監督らに感謝の言葉を述べると、あまりの嬉しさからか「これ以上立っていると踊ってしまいそう」と言い、笑顔でステージを後にした。

特集 2011アカデミー賞
http://blog.cinemacafe.net/special/110201/index.html

© AP/AFLO
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top