【アカデミー賞】助演女優賞はメリッサ・レオ 94歳K・ダグラスが手渡す

最新ニュース

『ザ・ファイター』 -(C) 2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ザ・ファイター』 -(C) 2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.
先ほど華やかにスタートした第83回アカデミー賞授賞式。俳優部門のトップバッターを飾る助演女優賞には、『ザ・ファイター』のメリッサ・レオが輝いた。

プロボクサーの兄弟の感動の実話を描いた本作で、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベイル演じる兄弟の過干渉な母親を演じたメリッサ。

ゴールデン・グローブ賞をはじめ、前哨戦となる主要な賞レースを制してきただけに、オスカー受賞の最有力候補と目されてきたが、大方の予想通り見事、オスカー像を手にした。メリッサにとっては、『フローズン・リバー』での主演女優賞ノミネートに続く二度目のオスカーノミネートでの栄冠となった。

プレゼンターとして登場した94歳のカーク・ダクラスに名前を呼ばれた瞬間、歓喜の表情を浮かべたメリッサ。壇上に上がり、オスカー像を受け取りながら「私のなの?」と信じられないといった様子。「オー・マイ・ゴッド!」を連発し、スタッフや共演陣への感謝を口にした。

一方、史上9番目に若い14歳44日で候補者となり、受賞すれば史上3番目の若さでのオスカーとなった『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルドが残念ながら受賞はならなかった。


特集 2011アカデミー賞
http://blog.cinemacafe.net/special/110201/index.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top