永作博美『八日目の蟬』で自ら髪を切る! 「サッパリして良かった」とあっけらかん

最新ニュース

『八日目の蝉』』完成会見
  • 『八日目の蝉』』完成会見
  • 『八日目の蝉』完成会見
  • 『八日目の蝉』完成会見
  • 『八日目の蝉』完成会見
  • 『八日目の蝉』完成会見
不倫相手の赤ん坊を誘拐した女。赤ん坊は葛藤を抱えながら、大人へと成長し、自ら不倫相手の子どもを身ごもった。数奇な人生を歩む2人の女性がたどり着く衝撃の結末とは…? 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を映画化した『八日目の蟬』の完成報告会見が2月28日(月)、東京・恵比寿のウェスティンホテルで行われ、主演の井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子ら実力派女優が勢ぞろいした。

井上さんは幼いころに誘拐され、元の家族に戻った後も自分の居場所が見つけられない主人公・恵理菜役を熱演。葛藤を抱きながら、不倫相手の子どもを身ごもるという難役で、これまでの快活なイメージとは異なる表情を見せる。「作品を愛している方も多くいらっしゃるし、日々責任を感じながら演じていました。私自身も壁にぶつかり苦戦する日々だった」とふり返る井上さん。撮影中は精神的に内側へと自分を追い込む一方、「恵理菜の生命力が見たい」という成島出監督からの指示にうまくバランスが取れなかったこともあったのだとか。それでも「ちょうど私自身、何か挑戦したい時期だったし、この作品には運命のようなものを感じていたので、裸でぶつかっていきたいと心に決めていた」。井上さんが自ら難役と向き合い、女優としての新たな一歩を刻んだ作品。それが『八日目の蟬』だという。

一方、恵理菜を誘拐し、逮捕されるまでの4年間“母”になろうとした希和子を演じる永作さんは、本作が出産後初めての映画出演。当初は産休を取る予定だったが、やはり『八日目の蟬』に“運命”を感じたそうで「避けては通れない役だと思った。多少でも子どもの扱い方を知った上で撮影に臨むことができて良かった。そうでなければ、まったく違う希和子像になったはず」と母親の素顔を垣間見せた。成島監督も「実際、母親になった永作さんの化学反応が見たかった」とキャスティングの狙いを説明。劇中では自ら髪の毛をばっさり切るシーンもあり、「私は切るしかなかったんで(笑)。サッパリして良かった」とあっけらかん。井上さん同様、永作さんにとっても、本作が女優としての新境地となったことは間違いない。

小池さんは、恵理菜に近づくルポライター役で「監督の要求も高くて、難しい役だった。『八日目の蟬』というタイトルの意味を説明する大事なセリフもあったので、とても緊張しましたね」。恵理菜の実の母親を演じる森口さんは、原作の大ファンといい「出演オファーをいただいたときは『うそでしょー』って。それだけに私にできるか心配もあった。常に嫉妬や憎悪を抱えている役柄。感情を爆発させるシーンは、単にヒステリックにならないよう意識した」とどちらも難役に向き合い、女優魂をぶつけた様子だ。

会見には原作者の角田さんも出席し、「先日完成したばかりの映画を拝見し、もう泣いて泣いて…。魂の開放を描いた作品になったと思います。いまはここにいるみなさんに、ありがとうございましたと言いたいですね」と感無量の様子で、キャスト陣と成島監督に頭を下げていた。

『八日目の蟬』は4月29日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top