溝端淳平、高校時代は「モテなかった…」 大野いとは入学を前に「恋したい!」

最新ニュース

「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
  • 「金のティアラ大賞」贈賞式
集英社が発行する女性漫画誌7誌が主催する新人漫画賞「金のティアラ大賞」の贈賞式が3月4日(木)に都内で開催され、同賞の応援キャラクターを務める溝端淳平と、溝端さんと共にまもなく公開の映画『高校デビュー』で共演する大野いとが来場した。

『高校デビュー』の原作漫画は、河原和音により、集英社の「別冊マーガレット」で連載された作品。高校で恋に生きると決めた晴菜(大野さん)がクールなモテ男・ヨウ(溝端さん)の教えを胸に、恋の成就を目指して奮闘する姿を描くが、この日、出席した受賞者のうち銀賞に輝いた3人(小森羊仔さん、式田奈央さん、かねもりあやみさん※金賞は今回該当者なし)は、まさに今回の受賞をきっかけに晴れて漫画家デビューを果たす。

3人に花束を手渡した溝端さんはひとりひとりとガッチリ握手。「ゼロから物語、キャラクターを作り上げるみなさんの才能に感動しました。漫画家のみなさんを尊敬しますし、羨ましい気持ちもあります。僕はずっと漫画を読んできたし、教科書よりも漫画から教わったことの方が多い気がします。だからみなさんには女の子にとって教科書になるような漫画を描いてほしいです」と祝福の挨拶を述べた。さらに「目標に向かって頑張っている女の子はキラキラしてる。大事なのは見た目でも、洋服でも髪型でもなく、一生懸命に女の子はもう輝いてるんです!」と夢を目指す女性たちにエールを送った。ちなみに溝端さんの絵ゴコロはというと「幼稚園から成長してないので2次元しか描けない」とのことで苦笑いを浮かべていた。

その後、この映画『高校デビュー』で女優デビューを飾った大野さんが真っ赤に輝くドレスを身にまとって登場。自身のデビューと重ね合わせながら「私も撮影の初日は緊張しました。(受賞者の)みなさんも最初は緊張されると思いますが頑張ってください」と呼びかけた。

また、大野さんは自身が演じた晴菜については「性格がよくて一生懸命なところが大好きです。友達になりたい」とニッコリ。一方、モテ男を演じた溝端さんは、さぞや高校時代モテていたのかと思いきや「モテなかったです。モテてない…本当にモテなかった…」とさびしそうに語り、会場は笑いに包まれた。

そんな溝端さんのために、銀賞受賞者の3人が色紙に溝端さんの似顔絵を描いてプレゼント。「王子様をイメージした」(小森さん、式田さん)ものと「さわやかなイメージで描いた」(かねもりさん)の3枚の色紙を受け取り溝端さんも嬉しそう。自身の似顔絵を指さし、「この人、かっこいいですね(笑)!」、「こういうイメージで見られてると思うと自信になります」と上機嫌だった。

大野さんはまもなく高校進学。報道陣から高校でデビューしてみたいことを尋ねられると「恋デビューしたいです! 周りのコは付き合ったりしてるけど、私は付き合ったことないので恋がしたい」と果敢に恋愛宣言! 理想は「遊園地でお化け屋敷」と少し恥ずかしそうに語っていた。

『高校デビュー』は4月1日(金)より新宿バルト9、池袋テアトルダイヤほか全国にて公開。

『高校デビュー』スピンオフドラマ「高校デビュー 〜デビュー直前集中講座〜」
http://blog.cinemacafe.net/live/fes/koigashitai/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top