“わさお”が世界へ! アジア6か国で公開決定!

最新ニュース

『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
  • 『わさお』初日舞台挨拶
青森県鰺ヶ沢に住む長毛種秋田犬の“わさお”主演の映画『わさお』が3月5日(土)に初日を迎え、薬師丸ひろ子、甲本雅裕、鈴木砂羽、伊澤柾樹、吉永淳、嶋大輔、大沢樹生、平田満、そして錦織良成監督が東京・銀座の丸の内TOEI1での舞台挨拶に登壇し、公開を迎えた喜びを語った。

“ブサかわ”な風貌でいまや全国区の人気犬となった秋田犬の“わさお”。青森県鯵ヶ沢町で生活するわさおの自然な姿を、そのままフィルムに焼き付けた。

愛犬家で知られる薬師丸さんは、自身が飼っていたラブラドールレトリーバーとの思い出を語った。「近所で犬がケンカをしていると走って止めに行くので『仲裁犬』として知られていました。14歳になる5日前に亡くなったのですが、もう自分の足で立ち上がれなかったのに、父が庭でちょっと大きな声を出したらスクッと立ち上がって、心配そうに覗いていました。たかが犬じゃないんです。犬には人の気持ちが分かる。わさおもそうでした。日を追うごとに気持ちを読み取ってくれました。犬は物言わぬ動物ですが、一緒にいればいるほど家族のことを思ってくれます」と感無量の様子で語った。

嶋さんもゴールデンレトリバーを飼っていたことがあること明かし、「撮影現場では犬談義で薬師丸さんと意気投合した」とひとりで強調していた。甲本さんは、「薬師丸さんと鈴木さんに挟まれて、とっても嬉しい。この映画に出て本当に良かった!」と満面の笑み。獣医役で出演した大沢さんは、「わさおは、僕にまったく懐いてくれなかった。お母さん(飼い主の菊谷節子さん)は懐いてくれましたが…」と明かし、会場の笑いを誘っていた。キャストたちはそれぞれにわさおとの思い出を楽しそうに語ったが、苦労も多かったようで、わさおの自然な姿を切り取るため、わさおが動かないときは何時間も待ち続けたという。

「わさおを通じ、犬と人間の気持ちが通じるということを自身で体感した」という錦織監督。アジア6か国(香港、台湾、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、インドネシア)での公開を知り、「わさおの癒しがアジアのみなさんを巻き込むと思うと、素直に嬉しい」と、わさおの魅力が世界に通じたことで、喜びもひとしおの様子だった。

最後に薬師丸さんは、「わさおは私たちの気持ちを汲み取り、日を追うごとに一緒にいてくれました。お母さんがそばにいて、いつもわさおのストレスをひとりで受け止めていてくれたおかげです」と、わさおとお母さんへの感謝の気持ちをしみじみと延べ、「この映画を観て、勇気や元気を貰ってくだされば…」とメッセージを残した。

劇中、わさおは、訓練犬ではないので、簡単にしっぽも振らないし、人間にも媚びない。“孤高の犬”という印象で、圧倒的な存在感を放っている。

『わさお』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top