常盤貴子、「岡本太郎展」でテープカット 「日本で一番、太郎が好きな自信ある!」

最新ニュース

「岡本太郎展」開会式
  • 「岡本太郎展」開会式
  • 「岡本太郎展」開会式
  • 「岡本太郎展」開会式
  • 「岡本太郎展」開会式
  • 「岡本太郎展」開会式
東京国立近代美術館で3月8日(火)より2か月にわたって開催される「生誕100周年 岡本太郎展」の開会式が3月7日(月)に同所で行われ、現在、NHKで放送中のドラマ「TAROの塔」に出演中の常盤貴子がテープカットのために特別ゲストとして来場した。

大阪万博のシンボル「太陽の塔」をはじめとして、数々の傑作と「芸術は爆発だ!」などの名言を残した芸術家・岡本太郎の生誕100年を記念して製作されたドラマでは、松尾スズキを太郎役に迎え、様々な葛藤や出会いを経て、彼が太陽の塔を完成させるまでの軌跡を描く。常盤さんは、公私にわたる太郎のパートナー、敏子を演じている。

常盤さんは艶めかしい着物姿で登場。ドラマに出演する以前の太郎の印象を尋ねられると「面白い人と思ってました」と告白。だが、ドラマへの出演を経て「いまでは、日本で一番、太郎さんのことが好きな自信があります」と笑顔で語った。

今回の「岡本太郎展」をひと足早く鑑賞したという常盤さんだが、鑑賞を控えた観客を前に「最初からすごいです!」と興奮気味に予告し、「見るだけでなく芸術してください!」と呼びかけた。さらに今回、ドラマに出演してみて、太郎と敏子の関係性について「どちらかが欠けていても、いま私たちが知っている岡本太郎は存在しなかったと思います。ものを作る人にとっては、そばに敏子のような人がいたら毎日頑張れるだろうと思います」と強い愛着を込めて語った。

「生誕100周年 岡本太郎展」は3月8日(火)より5月8日(日)まで東京国立近代美術館で開催。

ドラマ「TAROの塔」はNHKにて全4回にわたり放送中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top