難題や事情を抱えた世の女性たちへ 『八日目の蝉』成島出監督が花束のエール!

最新ニュース

女性スタッフに花を送る成島出監督
  • 女性スタッフに花を送る成島出監督
本日3月8日(火)は、女性の政治的自由と平等のために戦う記念日として「国際女性デー」と制定されている。この日、イタリアでは日頃の感謝の意を込めて男性から女性に花を贈る習慣があることから、『八日目の蟬』の成島出監督がインタビュー取材に訪れた女性記者や女性スタッフ全員に向けて、花をプレゼントした。

『八日目の蟬』は、第2回中央公論文芸賞を受賞した女流作家・角田光代の同名小説の映画化。不倫相手の赤ん坊を誘拐した希和子(永作博美)と、希和子に育てられ、皮肉にも希和子と同様に不倫相手の子供を身籠ってしまう恵理菜(井上真央)の2人の女性の物語を軸に、女として生まれたことの痛ましいまでの哀しみと、それを乗り越え生き抜く強さを描いている。

今回の企画は、様々な難題や事情を抱えた世の女性に観てもらいたい、という成島監督の思いから実現。思いがけないプレゼントに、花を受け取った女性たちもニッコリ。終始、和やかなムードでインタビューが繰り広げられた。

成島監督も「お花を女性に贈ることは普段はめったにしませんが、女性に対して私は日頃から尊敬の念を抱いているので、こういった機会にお花を贈るのも、なかなかいいものだと思います」と、少し照れながらも笑顔で女性への感謝の気持ちを口にした。

『八日目の蟬』は4月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top