性的マイノリティ扱う「アジアンクィア映画祭」今年も開催 過去には人気俳優出演作も

最新ニュース

『秘密の祈り』 -(C) AQFF
  • 『秘密の祈り』 -(C) AQFF
  • 『アニバーサリー』 -(C) AQFF
  • 「アジアンクィア映画祭」 -(C) AQFF
レズビアン、ゲイ、バイセクシャルにトランスジェンダーといった性的マイノリティ(=クィア)を扱ったアジアの映画のみを上映する映画祭として注目を集める「アジアンクィア映画祭」。3回目となる今年も、東京・六本木のシネマート六本木にて、5月20日(金)から29日(日)までの間に計6日間の日程で開催される。

レズビアンおよびゲイをテーマにした作品を扱った映画祭としては「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が今年で第20回を迎えるが、アジアのクィア映画に焦点を当てたこちらの映画祭は2007年に創設。隔年で開催され、徐々に話題を呼び、今年で第3回目を迎えることに。

過去には、2007年の記念すべき第1回目には、韓国で初めて同性愛者であることをカミングアウトした監督、イソン・ヒイルの作品で、後に日本でも劇場公開されて話題となった『後悔なんてしない』(※映画祭での上映時は『悔いなき恋 −NO REGRET−』)の本邦初上映が行われたほか、第2回では、『台北に舞う雪』にも出演した台湾の人気俳優、モー・ズーイーがゲイの青年を演じた『蓬(よもぎ)の花』が上映された。

今年もアジア各国から、話題の長編、短編が集結する中、最大の目玉と言われているのが、アジアの西端、ヨーロッパとの境に位置するイスラエルとフランスによる合作『秘密の祈り』。女子神学校に学ぶ、信心深い2人の若い女性の間に芽生えた愛と友情の錯綜を描いた作品で、イスラエルアカデミー賞8部門にノミネートされた。主人公が惹かれる謎めいた美女を演じるのは、ヌーヴェルヴァーグの旗手フランソワ・トリュフォーのプライベートでのパートナーであり、90年代以降『星降る夜のリストランテ』、『8人の女たち』、そして近年では『パリ、ジュテーム』にも出演したフランスの名女優、ファニー・アルダン。

また、短編作品では2008年に日本でも公開されたシンガポール映画『881 歌え!パパイヤ』の監督で、「Time」誌の“アジアのヒーロー20人”に選ばれるなど、世界での活躍が期待される若手映像作家、ロイストン・タンがゲイを真っ向から扱った『アニバーサリー』が上映される。短編作品に関しては、長編以上に今後の上映のチャンスが限られるため、この機会に観ておいて間違いはなさそう。

長編、短編、中編合わせて30作品。監督や出演者に加え、作品の内容に合わせたゲストを招いてのトークプログラムも開催されるので、こちらも要チェック!

第3回アジアンクィア映画祭はシネマート六本木にて5月20日(金)〜22日(日)、および27日(金)〜29日(日)の計6日間開催。

公式サイト:http://aqff.jp/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top