瀬戸康史、桜庭ななみらが映画公開初日に募金活動 「元気やパワーを与えたい」

最新ニュース

『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
  • 『ランウェイ☆ビート』 -(C) 2011「ランウェイ☆ビート」製作委員会
映画『ランウェイ☆ビート』が3月19日(土)に公開を迎え、主演の瀬戸康史をはじめ、桜庭ななみ、桐谷美玲、IMALU、田中圭、加治将樹、小島藤子、大谷健太郎監督らが、都内の劇場で行われた舞台挨拶に登壇。舞台挨拶後には震災被災者のための募金活動も行われた。

震災の影響で映画の公開、舞台挨拶の実施も危ぶまれていたが、震災からの復興に何か力になればとの思いから、チャリティを兼ねての舞台挨拶実施を決めた。瀬戸さんは「いまもなお、大変な思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。僕たちができることは少ないですが、作品を通して元気やパワーを与えられたら」と真摯に語った。

桜庭さんも「映画を観て、ひとりでも多くの人が笑ったり、元気になってくれたら」と語り、桐谷さんも「映画を観てくださったみなさんがちょっとでも幸せな気持ちになって、笑顔で帰っていただければ嬉しい」と語りかけた。

IMALUさんは「こんなときだからこそパワーを送れたらと思います」、小島さんも来場した観客への感謝の思いを口にした。この日登壇したキャストの中で最年長で“兄貴分”の田中さんと、現場で“ムードメーカー”だった加治さんは、撮影中に男子だけで銭湯に行ったエピソードを明かすなど、この日も会場のムードを盛り上げた。

大谷監督も、仲の良いキャスト陣の様子に目を細めつつ「映画人は映画を通して夢と希望を与えるのが仕事」と語り、映画の持つ“力”を訴えた。

最後にマイクを握った瀬戸さんは「“自分を信じること、勇気を出して一歩を踏み出すこと”がこの映画のメッセージですが、こういうときだからこそ、このメッセージが大事だと思う。下を向くのではなく、上を向いて進みたい」と力強く語り、その後、自らが先頭に立って募金活動を開始。場内には長蛇の列ができ、瀬戸さんら登壇陣はひとりひとりに丁寧に感謝の言葉をかけていた。

集まった募金は「日本赤十字社」を通して寄付され、さらに本作からトートバッグ5,000個、Tシャツ300枚が、中央区を通じて被災地に送られる。

『ランウェイ☆ビート』は一部の映画館をのぞいて全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top