【沖縄国際映画祭】相武紗季、初の子持ち役で新たな境地が開けた!

最新ニュース

沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』相武紗季
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』温水洋一
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』小籔千豊
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』相武紗季
  • 沖縄国際映画祭 『FLY!〜平凡なキセキ〜』相武紗季
第3回沖縄国際映画祭の長編プログラム「Peace部門」に参加している映画『FLY!〜平凡なキセキ〜』の上映が沖縄国際コンベンションセンターにて行われ、小籔千豊、相武紗季、温水洋一、近藤真広監督らが舞台挨拶に登壇した。

同作は、大阪を舞台に町工場のさえない男(小藪さん)が主人公。シングルマザー(相武さん)への切ない片思いや、偶然やってきた宇宙人(温水さん)と男の友情を描くヒューマン・コメディー。

本作で初めて母親役に挑んだ相武さんは、「撮影が進むに連れて、子供がなじんでくれた。それで自然と母性も出て来て、いい感じで演じられた」とふり返り、子持ち役で新境地を開いたことを明かした。そして、「こういったときだからこそ、あったかい作品を観て、温かな気持ちが全国に広がっていけば…」とメッセージを伝えた。

映画初主演となった吉本新喜劇の座長・小籔さんは「いまの自分に満足していない人や片思いをしている人、一歩を踏み出せない人に是非、観てほしい」とアピール。続けて、「特にラストシーンの僕の表情に注目して。いい演技しています」と真摯な表情で何度もしつこくアピール。どんな表情なのかは、是非劇場でチェックしたいところ。共演の相武さんについては、「えぐいほどかわいい!」と関西弁で大絶賛していた。

宇宙人役というぴったり(?)な役で出演した温水さんは「役作りのしようがないので、僕なりに楽しくやりました」と納得のコメント。「すごい格好していますよ!」と期待感をあおった。

本作で初メガホンを取ったのは、近藤監督も「平凡な日常に訪れる奇跡を描いています。大変元気の出る映画です」と見どころを伝えた。そのほかのキャストに、大杉漣、笹野高史、本仮屋ユイカ、西田敏行など、豪華キャストがズラリと顔を揃えている。

第3回沖縄国際映画祭は3月18日(金)から27日(日)まで、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターをメイン会場に開催。

特集「よしもと芸人が贈る! 沖縄国際映画祭2011」
http://www.cinemacafe.net/special/okinawa2011
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top