『婚前特急』吉高由里子インタビュー 「がむしゃらに“人”を感じたい」

最新ニュース

『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』吉高由里子
  • 『婚前特急』 -(C) 2011『婚前特急』フィルム・パートナーズ
映画について、自身について、初挑戦となったコメディについて、時折、地の関西弁をのぞかせながらあけすけに語ってくれているのに、どこから本気でどこから“演じて”いるのか分からない。冗談を飛ばしたかと思えば、ふと詩的とすら感じさせる言葉で自らの内面や演じることの本質を語る——やはり、というべきなのか、吉高由里子は簡単にはつかめない。『蛇にピアス』以来となる主演映画『婚前特急』では、5人の男たちと同時に付き合い、たった一人の本当の相手を見つけようとするヒロインのチエを演じている。「普段は自分の出てる映画を見返すのは一度くらいだけど、この映画はもう3回も見た」と言うくらい気に入っている作品なのに「好きか嫌いで言ったらチエは嫌い。撮影が終わるまでずっと好きになれなかった。自分と関わってほしくないタイプ」とのたまう。改めて吉高由里子に問う! 理想の恋愛、結婚とは何ぞや?

「フワッと『結婚しよう!』ってなって、ビューッと行っちゃうかも(笑)」

チエは、自分がいま何を必要としているかによって5人の男を“付き合い分ける”。逆に言うと「居てほしいときに居てくれないならいらない」というスタンスである。では、吉高さん自身が相手に求めるものはというと…。
「お互い、平等な立ち位置で話したいというのはありますね。年上であれ、年下であれ、相手に対する尊敬は必要ですけど、対等な目線で話ができる人じゃないと一緒にいられないですね」。

さらにはこんな過激な(?)一面も。
「この仕事していると、(夕方の)5時とか6時に終わることってあまりないんですが、たまにそうなると、とりあえずひとりで遊ぶ時間がほしいんですよ。買い物に行ったり、ひとりで漫画喫茶やゲームセンターに行ったり。そういうときに(相手から)電話がかかってきたりしたら、『めんどくさい』って思っちゃうかもしれませんね(苦笑)。いや、お互いにひとりの時間は必要だと思うんですよ!」

女の子に「めんどくさい」と言われたら(言われなくても思われたら)男は死にたくなるのだが…話を進めよう。自らの結婚観については「フワッと『結婚しよう!』ってなって、ビューッと行っちゃうかもしれないですけど(笑)」と言いつつ「どんな形が良いかっていうのはまだ自分の中であまり具体的じゃないかな」と慎重。改めて“理想の関係”についてこんなことを語ってくれた。
「こんな感じと思ってるのは、振り子のような関係。お互い何かに触れて揺れているんだけど、気が付いたら同じ振れ幅、方向で揺れていられたら気持ちよくいられるかな、と」。

いまは恋愛よりも仕事! かと思えば、コトはそんな一筋縄ではないようで…。「演じることを始めて5年くらいになるけど、いまだに慣れない」、「本読みやリハーサルのときは行きたくなくて吐き気がするし、嫌になると眠気が襲ってくる」と仕事に対しても超ネガティブ発言を連発する。
「いまだに職業欄に“自由業”とか震える手で書いてますからね(笑)。でも、行かないことの方が怖くて、自分を待っている人たちを蹴ってまで進める目的もないので、拾いに行ってます(笑)。ただ今回、目覚めたという部分では、初めてのコメディで、みんなで『ヨイショ!』ってやったらリアルに『ワッショイ!』って返ってきたんですね。その“ヨイショ、ワッショイ”が楽しくて。人がゲラゲラ笑ってくれるのがこんなに嬉しいことなのかって知りましたね。感動する映画に出て泣かれるよりも、笑ってもらった方が純粋に嬉しいんだなって」。

「本能以外の感情や言葉、表情、気持ちをさらけ出すのが女優」

逃げ出したくなるような“恐怖”で自分を追い詰めつつ、彼女は楽しんでいる(勝手に断言させてもらうが…)。そして、彼女が発するエネルギーは巨大だ。最後にもう一歩だけ踏み込んで聞いてみた。吉高由里子にとって“女優”であることの楽しさは?
「みんなで完成に向けて進んでいくことが楽しいのかな。たぶん、現場が好きなんでしょうね。自分の芝居には自信はないです。芝居についての理論も言えない…私の中で思いはうねっているけど、それを明確に説明する言葉は持たないです。常に“逃げたい”っていう文字が見えていて、後ずさりしたい気分になるけど、逃げる方が怖くて、一生懸命歩いて…。女優として何ができるんだろう? 女優としての目標は何だろう? と考えて、思ったのは、生き物の中で人間にしかない、本能以外の感情や言葉、表情、気持ち、というものをさらけ出すのが女優という職業だということ。人として生まれて、その上でさらにこんな贅沢な仕事に就かせてもらってるんだな、と。だからその中にいるなら、がむしゃらに“人”を感じたい。人を表現することに尽力したい」。

ほかにも各共演者との思い出話——ハマケンこと浜野謙太(SAKEROCK)との初対面の際に、彼が新調してきたシャツの脇が汗でびっしょり濡れるくらい力んでいたことに吉高さんは「喜びを覚えた」ことや、再共演となった加瀬亮と「次は恋人役じゃなくて、兄妹役で。暗いヤツで…近親相姦か(笑)!」と盛り上がった(?)こと。青木崇高がテストの段階から本当にキスをしてきてスタッフからストップがかかったり、逆にキスシーン初挑戦の吉村卓也は前の晩から4回も歯磨きしていた事実などなど、彼女の口からは次々と、非常に興味深いエピソードが語られたのだが…それはまた、別の話。とりあえず、ウエディングドレスを身に纏うにいたるまでの、吉高由里子のエネルギーをギンギンに感じてほしい。



特集:「『婚前特急』“ほんとうの相手”は誰?」
http://www.cinemacafe.net/ad/tokkyu/
《text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top