中川翔子、「心の光を絶やさずに」被災者へ笑顔のエール

最新ニュース

『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『塔の上のラプンツェル』 -(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
ディズニーの記念すべき長編アニメーション第50作目となる『塔の上のラプンツェル』の公開記念舞台挨拶が3月26日(土)、東京・TOHOシネマズ有楽座で開催され、主人公・ラプンツェルの日本語吹き替えキャストに抜擢された中川翔子が登壇した。

当初は3月12日(土)に行われるはずだった初日舞台挨拶は、前日に発生した東日本大震災の影響で延期に。中川さんも震災後は「自分に何ができるのかと迷っていた」と複雑な胸中だったそうで、ついに実現したファンとの対面に「もう泣きそう!」とラプンツェル顔負けの笑顔で挨拶。「私にできるのは、元気をつなげていくこと。いろいろな情報が流れ、不安にもなってしまうが、心の光を絶やさずにいてほしい」と被災者へのエールを送った。

本作は生まれてから18年間、高い塔の上で暮らしてきたヒロインが、外の世界に飛び出し、様々な冒険とロマンを体験する感動ファンタジー。中川さんは劇場版『ポケットモンスター』シリーズで声優を経験しているが、長編アニメの主人公を演じるのは初めてとなる。当初は難しさも感じたそうだが、「どんどんラプンツェルに引っ張られて、気づいたらカメレオン(ラプンツェルの親友・パスカル)とも友だちになっていた。笑うことで、みんなを巻き込んでいくラプンツェルが、私自身も忘れていた感情を教えてくれた」。公開が始まると、中川さんも実際に劇場に足を運んだそうで、「皆さんの心からの笑い声に、泣いてしまった」と迷いも晴れた様子だ。

「今日は本当に本当に本当にうれしいです。この作品は笑顔のスイッチを入れてくれるし、心の強さを後押ししてくれます。私も明日から前を向いて歩いていきたい」とあふれる思いを止められない中川さん。劇場には被災者に向けた募金箱も設置されており、「ぜひお力を貸していただければ」と呼びかけていた。自分の殻を破って、恋に冒険にと大きく羽ばたくラプンツェル。中川さんもまた、大好きなファンを目の前に、新たな“自分”と出会ったようだ。

『塔の上のラプンツェル』は一部の地域を除き全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top