工藤静香 渾身のブッダの絵を披露「何ができるか考え、ひとつずつやっていきたい」

最新ニュース

「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と4大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と4大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と4大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と4大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」会見
  • 「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」会見
映画『手塚治虫のブッダ—赤い砂漠よ!美しく—』の公開にあわせて、東京タワー内のギャラリーにて「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」が開催されるが、同展のためにブッダの絵を描いた片岡鶴太郎、工藤静香、八代亜紀が、3月30日(水)に会見を行い、それぞれの描いた絵もお披露目された。

片岡さんは、日本画で正式な形式の仏画としてブッダを描き上げたが、手塚治虫の漫画を読むことから始めて様々な資料を3か月にわたって読み込んだ上で絵を完成させたという。自身の美術館を福島に持つ片岡さんは、悲痛な表情で今回の大震災の悲しみ、「いま、ブッダを描くということが偶然ではなくミッションに思える。被災された方々の行動を見た世界中のメディアがメッセージを発しているのを見て、仏心(ぶっしん)が日本人の心にはあるんだと感じました」と被災者への思いを語り、「この世はひとつに繋がっている」というブッダの教えに触れ「みんなで命を守って頑張っていきたい」と訴えた。

工藤さんも片岡さんと同じように「偶然ではないと感じました」と明かし、「何ができるかと考え、一つ一つ、被災された方の力になれるようにやっていきたい」と改めて被災者を支援する決意を述べた。工藤さんが描いたのは片岡さん、八代さんと比べてかなり大きなサイズの色鮮やかな油絵。瞑想するブッダが雨に濡れないように、ヘビが傘の代わりになったというエピソードに着想を得たとのことで「天地を表現したくて、ヘビ(地)とワシを入れ、命、魂を表す泡を描きました」と説明。今後、展示が終わったのちは「被災地に寄付できれば」というプランも明かしてくれた。

八代さんは、「八代亜紀が描くブッダ」として、これから修行に入るブッダの姿を描いた。八代さん曰く「無償の愛を与える、母であり父であり、幼い子供であるブッダを描きました」。「大変な時期ですが、歌と絵で愛を伝えたい」と決意を語った。

もうひとり、この展示のためにブッダの絵を描いた石坂浩二は、この日は欠席となったが、会見に際してメッセージを寄せた。ブッダの絵を描くことになったきっかけや過程を説明し、大震災にも触れ「多くの亡くなられた方々や、被災され、なにもかも失われ避難する多くの、余りに多くの方々、あの日から数日、何もまったくできない自分を省みて、無力感におそわれ、唯々呆然としておりました。そんな中でやっと描き上げた、この絵は私の祈りです。どうか、この大災害に遭われた方々の心にも、光とわずかにでも希みが生まれます様に心より祈っています」と思いを託した。

4人が描いたブッダの絵はそれぞれポストカードとして展示会で販売され、収益は震災の義援金として寄付されることも併せて発表された。「鎮魂と慈悲 ブッダの素顔展—手塚治虫と四大巨星(スター)—」は3月31日(木)より4月17日(日)まで、東京タワー・フットタウン3階タワーギャラリーにて開催。その後、4月23日(土)より京都の東映太秦映画村でも展示される。

『手塚治虫のブッダ—赤い砂漠よ!美しく—』は5月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top