Aqua Timez、クリスタル・ケイら豪華アーティストが『豆富小僧』挿入歌を担当!

最新ニュース

『豆富小僧』の挿入歌を担当する「Aqua Timez」
  • 『豆富小僧』の挿入歌を担当する「Aqua Timez」
  • 『豆富小僧』の挿入歌を担当するCrystal Kay
  • 『豆富小僧』の挿入歌を担当する「HALCALI」
  • 『豆富小僧』の挿入歌を担当する山猿
  • 『豆富小僧』の主題歌を担当する「SCANDAL」
京極夏彦の人気小説を原作に、深田恭子、小池徹平、大泉洋など人気俳優がボイスキャストとして参加することでも話題を呼んでいる3Dアニメーション映画『豆富小僧』。その劇中の挿入歌を「Aqua Timez」、Crystal Kay、「HALCALI」、LGMonkeesこと山猿という豪華アーティストが担当することが決定した。

人と妖怪が共に暮らしていた江戸時代。妖怪の総大将である見越し入道を父親に持ちながらも、気弱で人を怖がらせることができない豆富小僧が、目付け役の達磨と共に母親を探す旅に出るが、ひょんなことから現代の日本に! ここから豆富小僧のめくるめく大冒険が始まるのだが…。

深田さん、小池さん、大泉さんのほか、武田鉄矢、宮迫博之(雨上がり決死隊)に平野綾、はるな愛、檀れい、そして松平健と、これ以上ないと言っていいほどの豪華な面々が声優として集結した本作。さらに、主題歌が注目の4人組ガールズバンド「SCANDAL」が歌う「ハルカ」に決定し、話題を呼んでいたが、さらに強力な援軍が。

Aqua Timezの「銀河鉄道の夜」、Crystal Kayの「My Dear」、HALCALIの「SO JOY BOY」、そして山猿の「宝島」がそれぞれ挿入歌として使用され作品を盛り上げる。4月28日(木)の映画公開前日には、SHIBUYA−AXにて“前夜祭”が開催されるが、Aqua Timez、SCANDAL、HALCALIらの参戦も決定! 4月2日(土)にチケット(税込2,000円)の発売が開始されるほか、すでに発売中の本作の前売鑑賞券を購入された方の中から150組300名が無料で招待されることに。劇場前売り券から応募サイトに登録することで応募が可能となる。豪華アーティストの参加決定で早くもプレミアチケットの争奪戦激化は必至?

もちろん、前夜祭のみならず、映画の方も豪華声優陣&アーティストの参加によってこれまで以上の盛り上がりを見せそうだ。江戸時代、そして現代を舞台にした妖怪たちの物語のどのような場面で、彼らの楽曲が使われ、何を伝えるのか——?

『豆富小僧』は4月29日(金・祝)より全国にて3D、2D同時公開。

特集「『豆富小僧』meetsシネカフェくんの冒険」
http://www.cinemacafe.net/ad/tofukozo/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top