前田敦子主演『もしドラ』主題歌がAKB48の新曲に決定! 総選挙の投票券入り

最新ニュース

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 -(C) 2011「もしドラ」製作委員会
  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 -(C) 2011「もしドラ」製作委員会
「もしドラ」こと「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の実写映画版の主題歌が、「AKB48」の21枚目のシングル「Everyday、カチューシャ」に決定した。

2009年の12月の発売以来、電子版とあわせて累計発行部数が236万部を突破した驚異的なベストセラーを原作とした本作。主人公の女子マネージャー川島みなみを前田敦子が演じるほか、同じくAKB48のメンバーであり、元々、原作の主人公のモデルとされる峯岸みなみも出演している。

21枚目のシングルとなるマキシシングルは、5月25日(水)という発売日と、収益の一部が東北地方太平洋沖地震の被災者のために寄付されることがすでに発表されていたが、今回「Everyday、カチューシャ」というタイトルも解禁。本楽曲は、昨年大ヒットを記録した「ポニーテールとシュシュ」に続くAKB48の“夏”ソングであり、前田さんがセンターポジションを務める。この曲が入った映画予告編が4月16日(土)より全国の劇場でも流れる。

なお、22枚目のシングルのセンターポジションをめぐる“総選挙”が今年も開催されることも先日発表されたが、「Everyday、カチューシャ」のCD(もしくはDVD)を購入すると、この総選挙の投票権が付いてくる。

映画主演に主題歌、そしてその先には総選挙と幾重ものプレッシャーがのしかかるが、前田さんは「大ベストセラーを原作とした映画の主題歌をAKB48がやらせていただけるなんてとても光栄です。メンバーみんなで喜んでいます。思いっきり盛り上げていきたいと思います!」との力強いコメントを寄せてくれた。

「Everyday、カチューシャ」は5月25日(水)発売。映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』は6月4日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top