草刈麻有、出演作『少女たちの羅針盤』は「家族で一緒に映画館に観に行く」

最新ニュース

『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
  • 『少女たちの羅針盤』完成披露試写会
映画『少女たちの羅針盤』の完成披露試写会が4月13日(水)、都内で開催され、成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有、黒川智花ら女優陣と主題歌を手掛けた矢沢洋子、長崎俊一監督が勢揃いした。

とあるネットシネマの撮影現場と、4年前の女子高生によって結成された劇団“羅針盤”の軌跡。現在と過去を交錯させながら、悩みを抱えつつも、前に進もうとする少女たちの姿と彼女たちに起こったある事件、その悲劇の真相が描き出される。

“羅針盤”を結成する瑠美、蘭、梨里子、かなめを演じた成海さん、忽那さん、森田さん、草刈さんは春らしい衣裳で華やかに登場。撮影中も4人一緒のシーンが多かったそう。成海さんが「福山(広島県)で毎日一緒で、撮影が終わっても稽古したりして大変でしたが、4人で過ごしたことで“羅針盤”が画面に出ていると思います」と思い入れたっぷりに語れば、忽那さんも「都内でのリハから地方ロケまで、飽きないかってくらい仲良くずっといましたね」と楽しそうにふり返る。森田さんも「ホテルでも部屋に4人で集まってて、寝るとき以外は一緒にいて、くだらない話をずっとしてた」仲の良さをうかがわせた。

草刈さんは、父親で俳優の草刈正雄は完成した映画を鑑賞したかと尋ねられ、「まだですが、家族で一緒に映画館に行こうと話してます」とニッコリ。

また、かなめの姉のなつめを演じた黒川さんは、4人との一緒のシーンは少なかったが、草刈さんを見つつ「姉妹の仲の良さが伝わると思います。撮影後も遊びに行ったりしてました。本当にかわいくて、こんな妹がほしい」と語り、久々の再会を喜んでいた。

また、主題歌「羅針盤」について矢沢さんは「2度(映画を)観て、時間をかけて作りました。少女の葛藤、未来に対する希望が前面に出ている、映画にピッタリの作品ができたと思います」と手応えを明かした。

長崎監督は「こういう時期にお越しいただき、ありがとうございます」と観客への感謝を口にし、「若い女優たちの存在感、パワーを感じて元気になってもらえれば」と語りかけた。

『少女たちの羅針盤』は5月14日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top