9割が認めた、原作イメージを覆す面白さ『ガリバー旅行記』アンケート大発表!

最新ニュース

『ガリバー旅行記』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『ガリバー旅行記』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
いまからおよそ300年前に発表されて以来、世界中に影響を与えてきたジョナサン・スウィフトの不朽の名作を現代仕様に蘇らせた、注目のアドベンチャー・ムービー『ガリバー旅行記』。もしも自分が全ての人を見下ろす巨人になったら、もしも別世界に異次元タイムスリップしたら…。誰もが一度は想像をめぐらし、胸膨らませた世界がスクリーンいっぱいに広がる本作だが、もしあなたが主人公・ガリバーになったらどうする? シネマカフェでは、ひと足早く本作を鑑賞した女性読者を対象にアンケートを実施。その結果とは…?

本作の主人公、ガリバーは何事も挑戦する前にあきらめてしまう小心者。ひょんなきっかけで大海原への旅に出た彼だったが、大嵐に巻き込まれ、限りなく“小さな”小人たちが住む美しい国、リリパット王国に到着する。根は小心者のまま、そこで図体の大きさを生かして王国の危機を救い、ヒーローとして崇められるガリバー。つい調子に乗り、小人たちを従え、朝から晩まで好きなことをやり放題の毎日を過ごす彼だが、やがて“真の英雄”として力量を試される羽目に…。

見かけだけでなく、ガリバーが中身を伴った“巨人”になれるのか、というのが物語の肝。読者に「もしも“巨人”になったら、何をしたい?」と質問したところ、答えは大きく二様に分かれた。そのうち最も多かったのが「世界中をまわってみたい」というご意見。ガリバー級のサイズなら船要らず? 「日本から海を歩いてほかの国に行ってみたい」(35歳・会社員)、「遠泳で太平洋横断!」(31歳・会社員)という声が。一方で目を引くのが、「誰かの役に立ちたい」、「人助けをしたい」という回答。東日本大震災の事態を受け、「地震の被災地に出向き、力仕事で役に立ちたい」(44歳・主婦)、「被災地に行って瓦礫をどけて助けたい」(50歳・主婦)という、被災地への応援の声、さらに「私のおならを小人たちの資源にして停電を救います」(43歳・会社員)というアイディアも寄せられた。

続いて、ガリバーのように「異次元タイムスリップするなら、どこに行きたい?」との問いかけについても特徴が顕著に分かれた。同率で最も多かったのが、“時代”と“銀河”スリップを望む声。“時代”を推す人には「明治初期の日本。希望に満ちていたと思う」(37歳・会社員)や、「戦国時代」、「邪馬台国」と過去の日本への羨望が垣間見えた。“銀河”スリップを望む声には、「宇宙。地球ができるところを見たい」(39歳・パート)という声も。さらに一歩“異次元”を夢見て「おとぎの国」、「妖精の国」と答える女性も多数いた。

言わずと知れた小説を原作としている本作だが、回答者のうち9割近くの人が「『ガリバー旅行記』(原作)のイメージが変わった」と回答! 特に、そのコメディセンスを遺憾なく発揮しているジャック・ブラックならではのガリバーは観る者の心をがっちりと掴んだよう。「ジャック・ブラックがガリバーに、そしてガリバーがジャックになっていた」、「誰もが知ってる『ガリバー』の鉄板ネタを自分に起きたことのように伝えちゃう、おちゃらけさ」との絶賛が多く集まった。

キャラクターの面白さに次ぎ、意外にも(?)女性の高い好感を得たのが、本作で描かれる“男の友情”。「何かで怯えているとき、困っているときに助けてくれるのは、友達なんだなと思いました」、「友達にいつもありがとうと言いたくなりました」という感動の声が寄せられた。

そして、本作を観て「勇気をもらえたか?」との問いには、8割以上の人が「はい」と回答! あなたが知っているガリバーとは一味異なる、“等身大”のガリバーの奮闘が、きっと勇気と元気を与えてくれるはず? 『ガリバー旅行記』は4月15日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top