キム・ヒョンジュン、あまりの虫の多さに「野獣より怖い」

最新ニュース

「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
  • 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」来日記者会見
韓国の人気ドラマ「イタズラなKiss〜Playful Kiss」の地上波初放送、衛星放送、DVD発売を記念して、港区フジテレビにて、主演のキム・ヒョンジュンとチョン・ソミンが来日記者会見を行い、自身の恋愛感や撮影時のエピソードを語った。

同ドラマは、累計3,000万部発行の多田かおる原作の人気コミック「イタズラなKiss」を韓国の制作会社グループエイトがドラマ化したもので、ドラマ「宮〜Love in Palace」のファン・インレ監督が演出。IQ200のクールな高校生ペク・スンジョと、彼に恋する一途な女子高生オ・ハニとの間で繰り広げられるハッピーなラブ・ストーリー。大ヒットした韓国人気ドラマ「花より男子〜Boys Over Flowers」で花沢類役を演じ、ブレイクしたキム・ヒョンジュンが主演している。

東日本大震災のために延期になっていたプレミアムイベントだが、昨日大阪で無事に開催し、日本のファンの明るい笑顔に励まされたと語った2人。ドラマの高校生とは全く違い、ヒョンジュンは髪を短めに切って黒のスーツ姿、男らしいスタイルで登場。ソミンはセクシーな黒のドレス姿でキュートな笑顔を見せて登場した。

作品のオファーがあったとき、「花より男子」の撮影が終わったばかりだったヒョンジュンは、少し休養をとろうしていたが、人気コミックのドラマ化で、年齢的にいましかできない役ということで同作への出演を決意。新人のソミンは撮影中、スタッフやキャストがまるで家族のように接してくれて、笑いの耐えない幸せな現場だったことを明かした。

2人は高校生役を演じるにあたり、ヒョンジュンは話し方や口調に気をつけたという。IQ200のクールな高校生役ということで、「賢くみせる演技に苦労した」と苦笑交じりにふり返った。ソミンは高校生らしく見せるためにヘアスタイルを工夫。懲りすぎて一日に何度も髪型を作り直し、監督に叱られたという。

また、ヒョンジュンは虫が大の苦手。ある日、山のある地域で撮影したとき「トンボがたくさんいて怖かった。虫は野獣以上に怖い」とエピソードを披露、意外な素顔を見せていた。

タイトルにちなんで印象に残った“Kissシーン”を聞かれた2人は、そろって雨の中のキスシーンを上げた。当日体調を崩していたというソミンを気遣って1回でOKにしようと撮影に挑んだというヒョンジュン。どんなシーンになっているかは是非チェックしたいところ。「ハッピーな作品です。楽しんでください」と2人は笑顔でアピールし、会見を締めくくった。

同日、東京でのプレミアムイベントが、8月2日(火)に国際フォーラムにて開催されることが発表された。入場料の一部は義援金として寄付される。

韓国ドラマ「イタズラなKiss〜Playful Kiss」DVD-BOXは絶賛発売中。フジテレビ「韓流α」では5月に、BSフジでは6月に放送予定。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top