ジョニー・デップがロスで日本向け会見 中田ヒデと共にメッセージを書きこむ

最新ニュース

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』特別記者会見に参加した、ジョニー・デップ&中田英寿
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』特別記者会見に参加した、ジョニー・デップ&中田英寿
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』特別記者会見にて
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』特別記者会見にて
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』特別記者会見にて
大ヒットシリーズの第4弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』主演のジョニー・デップが5月4日(現地時間)、ロサンゼルスで日本のメディア向けの特別記者会見を行い、東日本大震災の被災者に向けたメッセージを発表。特別ゲストとして7日に開催されるUSプレミアにも招待されている元プロサッカー選手の中田英寿も来場し、ジョニーと共に用意された横断幕にメッセージを書き込んだ。

ジョニーは、髪をバッサリ切ってさわやかな出で立ちで登場。そもそも、USプレミアを数日後に控え、一か国のメディアのために会見を行うこと自体が異例中の異例の出来事と言えるが、今回、残念ながら来日できなかったジョニーの日本のファンへの強い思いがうかがえる。集まった日本のメディアを前に、ジョニーは「日本のみなさんとお会いできて、光栄です。みなさんのご家族やご友人のご無事をお祈りしています。日本は大変なときですが、我々『パイレーツ』スタッフも出来る限りのことをして、日本の復興にお役に立てればと思います」と挨拶。そして「日本語で会見が出来なくてごめんね」とユーモアたっぷりに付け加え、緊張感が漂う会見場の空気を和ませる。

シリーズの“顔”とも言えるジャック・スパロウとして、今回の新作に際しての工夫した点として「新しいストーリーの中でジャックが新しい経験をし、今後どのようになっていくのかというところを一番考えたよ。フレッシュな印象を与えたいと思ったんだ」と答えるジョニー。さらに「ジャック・スパロウというキャラクターは、僕の子供と一緒に育ってきたようなものなんだ。僕の上の娘が3歳、下の息子が6か月のとき、第1作目を撮影したんだけど、いまはもう12歳と9歳になったんだ。今回の新作の撮影中は、ハワイ、ロス、ロンドンと子供たちがずっと一緒だったんだ。2人ともジャックが大好きだから、今後も続けていきたいと思っているよ」と愛する子供たちの存在に言及し、さらなる意気込みを語った。

劇中、永遠の命を手に入れることができる“生命の泉”をめぐって戦いが繰り広げられるが、ジョニーが実際に生命の泉にたどり着くことができたら? という質問には「千年も生きれば、さすがに飽きると思うよ。歳を重ねることで、経験を積んでユーモアのセンスが生まれたり、物事が分かってくるんだ。人生は限りがあるから素晴らしいんだよ」と答えた。

そして、司会者の呼びかけで“世界で活躍する日本人”として中田さんが登場。ジョニーと握手を交わし「僕はこの映画の大ファンです。ジョニーさんには一度お会いしてみたいと思っていたので、今日は本当に嬉しいです」と挨拶した。さらに、中田さんの呼びかけで、会見場に用意された横断幕にそれぞれ日本のファンに向けたメッセージを記入。ジョニーは英語で「心からの敬意をこめて、みなさんを応援しています」と、中田さんは日本語で「さらなる発展をとげる その日まで!!」と書き込んだ。

こちらの横断幕は、今後、開催されるイギリス、ロシアなどでのプレミアを経て、5月17日(火)に開催されるジャパン・プレミアの会場に届けられる。7日に米・アナハイムのディズニーランドで行われるUSプレミアにはジョニーと中田さんのほか、ペネロペ・クルス、キース・リチャーズらも出席する予定。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』は5月20日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

特集『パイレーツ/生命(いのち)の泉』〜新たな伝説の幕あけ〜
http://www.cinemacafe.net/special/poc4/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top