竹野内豊&水川あさみ“夫妻” 地獄での荒川良々らの笑いの爆弾に大苦戦!

最新ニュース

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
  • 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』初日舞台挨拶
気鋭の劇作家・前田司郎の小説を映画化した『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』が5月14日(土)に公開を迎え、竹野内豊、水川あさみ、本田隆一監督が舞台挨拶に登壇した。

新婚にして早くも倦怠期を迎えたカップルが、ひょんなことから“地獄”へと迷い込み、奇妙な人々との出会いや恐るべき体験を経て、夫婦の情熱を取り戻していく姿をコミカルに描く。

公開を待ちわびた観客で埋め尽くされた客席を見渡し、満面の笑みを浮かべる竹野内さん。コメディ映画初挑戦となったが「ずっとやりたいと思っていたので、お話をいただいたときは素直に嬉しかったです。初めて台本を読んだときは『自分でいいのか?』と思いましたが踏み込んでしまえ! とやらせていただきました。これまでご一緒するチャンスのなかった俳優さんとお仕事ができて、刺激的であり、勉強にもなりました」とふり返った。

これまでにも水川さんは、竹野内さんが役柄の信義にそっくりだと主張してきたが、この日も「クールで硬派で、あんまりしゃべらない方かと勝手に思っていましたが…お会いしてノブに似ていると思いました。優しくてどこかゆっくりしている感じが」と“信義=素の竹野内”説を展開。これに竹野内さんは「それは役作りしていたから!」と抗議すると、「じゃあ、さっき舞台に出てこようとしたのは?」と反論されてタジタジ。客席の様子をこっそり舞台袖から覗こうとした竹野内さんを、水川さんが「まだだよ!」と止めるというやり取りが裏であったそうで、“リアル大木家”のような2人の掛け合いに会場は温かい笑いに包まれた。

2人と個性豊かな共演陣とのコミカルなやり取りも本作の大きな見どころだが、演じた2人は笑いをこらえるのが大変だったそう。特に、荒川良々は笑い上戸の水川さんを笑わせようと、様々な“仕掛け”を施してきたそうで、水川さんは「後ろから撮られているシーンでは、笑わないように目をつぶってました」と告白。また、樹木希林と片桐はいりが揃って登場するシーンは「勝手に3Dみたいな迫力!」(水川さん)と形容するほどで、この2人による“攻撃”も相当だったようだ。竹野内さんも思わず「テーブルの下でひざをつねって笑いを我慢していた」とのこと。だが、竹野内さんと水川さんがせっかく我慢しても、監督やスタッフが思わず笑い声をあげてしまいNGとなることもあったそうで、文字通り笑いの絶えない現場となったようだ。

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top