【カンヌレポート4】オダジョー、芝居を通しチャン・ドンゴンと言葉の壁を乗り越える

最新ニュース

『マイウェイ』カンヌ記者会見 photo:Ayako Ishizu
  • 『マイウェイ』カンヌ記者会見 photo:Ayako Ishizu
  • 『マイウェイ』カンヌ記者会見 photo:Ayako Ishizu
  • 『マイウェイ』カンヌ記者会見 photo:Ayako Ishizu
オダギリジョーとチャン・ドンゴンが共演する話題作『マイウェイ』の製作発表会見が、カンヌの古城を貸しきって行われた。

第二次世界大戦中、ノルマンディー上陸作戦に参戦していたアジア人がいた、という実話を基に、主従関係にあった日本人と韓国人の青年が、数奇な運命に翻弄されながら、敵対しあいつつも、お互いを助け合い、生き抜いていく姿を壮大なスケールを描く。『ブラザーフッド』のカン・ジェギュが監督し、ヒロインを中国のスター女優ファン・ビンビンが演じる。

言葉の壁について聞かれたドンゴンさんは、「私は日本語を、オダギリさんはロシア語とドイツ語の台詞をこなさなければならず、大変ではありました。言語が違う役者さんと共演する度に感じることですが、演技というのは、単純に言葉を交わすということではなく、お互いの感情や気持ちを共感することであり、それには言葉が通じるかどうかはさほど重要ではないと思います。今回も改めてそれを感じました」と語った。

また、オダギリさんは「役者にとっては芝居を一緒にするというのが一番のコミュニケーションであり、仲良くなっていく方法だと思うので、毎回海外の作品に参加するときは特に言葉の心配はありません。チャン・ドンゴン氏はすごくすごく優しい方だったので安心できましたし、ファン・ビンビンさんはすごくきれいな方だったのでそれだけで十分なコミュニケーションがとれています」と、笑わせた。

2人はカンヌでの短い滞在を終えると、会見の翌朝6時には、クライマックス場面のロケ地であるラトビアへと戻った。

特集「カンヌ国際映画祭 現地から最新ニュースお届け」
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2011/



特集「カンヌ国際映画祭 現地から最新ニュースお届け」
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2011/
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top