【カンヌレポート8】テーマが明確な作品が勝利の鍵? 気になるパルム・ドールの行方

最新ニュース

『法王誕生』のミシェル・ピコリとナンニ・モレッティ監督
  • 『法王誕生』のミシェル・ピコリとナンニ・モレッティ監督
  • カンヌ国際映画祭にて『一命』瑛太&三池監督 photo:Ayako Ishizu
  • 『法王誕生』公式会見
カンヌ映画祭も、残すところあと2日。現在のところの評判を総合すると、パルムドールの有力候補と言えるのは、ナンニ・モレッティ(イタリア)による、新法王に選ばれてしまった枢機卿の苦悩をユーモラスに描く『法王誕生』(原題)、アキ・カウリスマキ(フィンランド)が、フランスの港町ル・アーブルを舞台に移民少年を救い出す人々を追った『ル・アーブル』(原題)、ミシェル・ハザナビシウス(フランス)が白黒サイレントで、ハリウッドのトーキー映画誕生の裏側を描いた『アーティスト』(原題)の3作品。

それらをテレンス・マリックの『ツリー・オブ・ライフ』、そしてフランスの女優マイウェン・ル・ベスコが監督した、警察の児童虐待課を追う『ポリス』がそれらに続くかたち。日本映画はやや厳しい状況だ。

まだ上映されていない作品も3本あるためなんともいえないが、法王の悩みを通し人生とは何かをユーモアたっぷりに問う『法王誕生』が一歩リードとみている。今年はロバート・デ・ニーロが審査員ということもあり、テーマが明確な作品が好まれそうだ。

ちなみに、男優賞は『法王誕生』のミシェル・ピコリと、『アーティスト』でハリウッドスターになり切ったフランスの人気俳優ジャン・デュジャルダンの一騎打ちだろう。結果は現地時間の22日夜に発表される。

また、コンペではないが監督週間で上映された園子温監督の『恋の罪』も高く評価されており、次回はコンペ入りに期待したい。



写真は右が『法王誕生』ナンニ・モレッティ監督、その隣は同作のキャストのミシェル・ピコリ。

© Reuters/AFLO

特集「カンヌ国際映画祭 現地から最新ニュースお届け」
http://www.cinemacafe.net/fes/cannes2011/
《text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top