ブラピ、カンヌ最高賞受賞前にアンジーの同伴で『カンフー・パンダ2』プレミアに

最新ニュース

『カンフー・パンダ2』L.A.プレミア
  • 『カンフー・パンダ2』L.A.プレミア
  • 『カンフー・パンダ2』L.A.プレミア
  • 『カンフー・パンダ2』L.A.プレミア
  • 『カンフー・パンダ2』L.A.プレミア
5月22日(現地時間)、人気アニメーション映画の続編『カンフー・パンダ2』のL.A.プレミアが開催され、ボイスキャストを務めるジャック・ブラックに、アンジェリーナ・ジョリー、ダスティン・ホフマンらが来場。同日はフランスのカンヌにてカンヌ国際映画祭の授賞式が開催され、ブラッド・ピットが出演する『ツリー・オブ・ライフ』が最高賞にあたる「パルムドール」を受賞したが、ブラピはカンヌの授賞式ではなく、アンジーと共に本作のプレミアに出席し、家族の絆の強さを見せつけた。

ハリウッドのチャイニーズ・シアターの前には、30メートルを超えるレッドカーペットが敷かれ、およそ1,000人のファンが集結し熱い歓声を送った。ご機嫌な様子で登場したジャックは、映画について「自分自身に正直でいること。そして、いまを大切にすること。過去や未来にとらわれずに、いまを大切にすることが、心の平和を得るための秘訣だよ。それが、主なテーマで、持って帰ってもらえるメッセージなんだ」と熱く語った。

カンフーの達人、マスター・ワニを演じるジャン=クロード・ヴァン・ダムは、娘と息子を伴って来場。日本の報道陣を見つけると、我が子を指さして「彼らは東京が大好きなんだ。なぜなら僕と一緒に日本へ行ったからだよ。彼はビデオゲームが好きなんだ。こっちは僕の娘だよ。彼女はファッションとアクティングが大好きなんだ。日本にはそういうインテリジェンスがあるんだよ!!」と映画の話そっちのけで日本への熱い思いを語ってくれた。

もちろんこの日、最も大きな歓声がわき上がったのは、ブランジェリーナが姿を現したとき。“家族の絆”がテーマとして描かれるだけあって、ブラピの来場は当然? 自身の出演作は見事にカンヌの最高賞を受賞したが、その受賞の発表の直前にブラピは壇上に登場。記念撮影やサインを求めるファンの声に気軽に応じ、仲睦まじい様子でアンジーに寄り添っていた。

『カンフー・パンダ2』は8月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top