幸四郎&松たか子が親子でナレーションで共演! 娘へのストレートな質問に父、苦笑

最新ニュース

『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
  • 『ライフ -いのちをつなぐ物語-』アフレコ収録
歌舞伎役者の松本幸四郎とその娘・松たか子が、親子でBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリー映画『ライフ -いのちをつなぐ物語-』の日本版ナレーションを務めることが決定。5月28日(土)に都内でアフレコ収録の様子が報道陣に公開され、作品に対する熱い想いや父娘共演について語った。

最新のカメラ技術を駆使し、3,000日もの撮影期間を経て、地球上の全大陸の陸海空の生き物たちが自然界を生きていく姿を捉えた本作。幸四郎さんと松さんは、それぞれのパートを分担しつつ、2人で1作の映画のナレーションを務めあげる。

幸四郎さんは、今回の仕事を引き受ける上で「まずこの映画が素晴らしかったこと」、「震災のこと」、そして「娘のたか子が『やりましょう』と言ってくれたこと」と3つのポイントがあったことを明かす。特に、映画の中で描かれる、命が繋がれていくさまは、歌舞伎の世界で名を繋いでいく自らと重なるところがあったようで「昔、父に『襲名の“めい”は、“名”ではなく“命”』と教えられたことがあったのを思い出しました」と感慨深げに語った。

元々、BBCのドキュメンタリーが大好きだったという松さんは、オファーが届くとすぐに参加を決断したそうで「めったにないこの機会で、父と一緒に作り上げていければ」と笑顔を見せた。

原発問題が日々報じられているが、幸四郎さんは「エネルギーの問題についての話題が毎日飛び交っていますが、本当のエネルギーは我々一人一人の心と体にあるもの。それは人間ひとりが生きるに足るエネルギーであると思います」と語る。松さんも「エネルギーを最大限に使いこなしている動物たちが映画の中に出てきます」とうなづく。

さらに映画の中の動物たちの姿に、幸四郎さんは“父親”としての自らを重ねた部分もあったようで劇中のゴリラやライオンの例を挙げ「我々の世界も、動物の世界も“父”というのは後ろ姿が寂しいもの。哀愁を感じました」としみじみ。

また、“いのちをつなぐ”ということで、松さんには「新しい命は?」という質問も飛んだが「まだ宙に浮いています(笑)。そのときではないんだなと思います」とサラリ。隣の幸四郎さんは「父親には刺激の強すぎる質問で…」と苦笑いを浮かべていた。

『ライフ -いのちをつなぐ物語-』は9月1日(木)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top