『もしドラ』前田敦子、プライベートは“青春”無かった!?

最新ニュース

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』初日舞台挨拶
  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』初日舞台挨拶
  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』初日舞台挨拶
  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』初日舞台挨拶
“もしドラ”の愛称で親しまれ、現在までに250万部を発行するベストセラーを映画化した『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』が6月4日(土)、全国で封切られ、映画初主演を果たした前田敦子(AKB48)をはじめ、瀬戸康史、峯岸みなみ(AKB48)、池松壮亮、川口春奈、メガホンを取った田中誠監督が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで初日舞台挨拶を行った。

高校の弱小野球部のマネージャーになった女子高生・みなみ(前田さん)が、偶然出会った“経営学の父”ドラッカー教授の「マネジメント」の理論を実践し、チーム一丸となって甲子園を目指す感動青春ストーリー。劇中衣装のセーラー服姿を披露した前田さんは「こういう青春映画は、いましかないんだろうなぁ…。プライベートで青春というものを送ってこなかったので、この映画に私自身の青春を詰め込んだ」としみじみ。初主演作の公開に「みなさんの笑顔を見て安心しました。本当に嬉しいと改めて実感している」と安堵の表情だった。

エースピッチャー・浅野役の瀬戸さんは「人間って結構バラバラ。欠点もあるし、夢も違うけど、ひとつの目標に向かって頑張ることで大きなことを成し遂げられる。スタッフ、キャストが“真摯にひたむきに”作った作品です」とドラッカー理論に則ったコメントで胸を張った。

一方、キャッチャー・柏木を演じる池松さんは、劇中で前田さんを殴るシーンをふり返り「僕は女優としての前田敦子しか知らない。ある程度の信頼関係もある中で、お互いに役者魂をぶつけ合った。納得いかないファンの方がいれば、後日、会いに来ていただければ…」と釈明していた。

後輩マネージャー役の峯岸さんは撮影初日「芸能人がたくさんいるから、早く来て」と前田さんに“泣き”の電話を入れたのだとか。また、ある日、現場でロケ地・宇都宮名物のギョウザが用意されたものの、男性キャストがすべて食べてしまったと恨み節を披露する場面も。なんでも「私、ギョウザが4番目に好きな食べ物なんですよ」(峯岸さん)。その後、野球部監督役の大泉洋が、スタッフに「ギョウザを用意してあげて」と声をかけ、峯岸さんはギョウザを口にすることができたそうだ。川口さんは映画初出演。「みなさんに助けられながらの撮影だった」と感謝しきりだった。

六本木での舞台挨拶を終えたキャスト&田中監督は、そのまま品川駅で新幹線に飛び乗り、大阪への弾丸ツアー! ファンが待つTOHOシネマズ梅田でこの日、2度目の舞台挨拶を行った。

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら〜』は全国公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top