鈴木杏、激しい官能シーンに抵抗なし! 「強くなれた」と充実の表情

最新ニュース

『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
  • 『軽蔑』初日舞台挨拶
中上健次の最後の長編小説を映画化した『軽蔑』が6月4日(土)に公開を迎え、都内劇場で行われた舞台挨拶にW主演の高良健吾と鈴木杏、廣木隆一監督が登壇。舞台挨拶途中にはサプライズで共演陣の小林ユウキチ、日向寺雅人、蕨野友也も駆けつけ作品の船出を祝った。

名家の一人息子として生まれながらも破滅の道を突き進んでいくカズ(高良さん)とポールダンサーの真知子(鈴木さん)の激しくも切ない純愛を描いた本作。高良さん、鈴木さん共に「思い入れのある作品」と感慨深げに語る。

現在、NHKの朝の連続テレビ小説「おひさま」に出演中の高良さんだが、偶然にもどちらの作品でも演じているのは“かずさん”。『軽蔑』のカズさんを演じる上で「テクニックやセリフの間といったことは忘れて、ただ、ちゃんとそこにいようと思いました。僕のこれまでの23年間から生まれてくるものでやろう。現場で杏ちゃんと(芝居を)やってみて、何かを感じようと思った」と真摯に語った。

一方の鈴木さんは、ポールダンスに激しいベッドシーンと、これまでにない一面を見せているが「肌を見せることに関しては抵抗はなかったです。廣木監督はそういうシーンを大切にとってくださると安心感がありましたし、とにかく真知子の強さやひたむきさに憧れを持ってしまったので」とすがすがしい表情。「自分がこれまでやって来て、勝手に背負っていたものを監督にはがされて、それはすごく怖く苦しいことで落ち込んだこともあったけど、そうやって進んでみて、ゼロに戻って楽になったし、ちょっと強くなれたと思います」と力強く語った。

そんな2人との現場について、厳しい演出で知られる廣木監督は「2人には自由にやってもらって、毎回、違う芝居を見せてくれた。そうやって作り上げていくのは楽しかったです。僕は、2人とコミュニケーションを取れたつもりなんですが、2人に言わせると全然らしいです(笑)。『この3人うまくいってるな』と僕は思ってたんだけど」とすねたように語り会場の笑いを誘った。

この後、サプライズでカズの友人を演じた小林さん、日向寺さん、蕨野さんが登場。鈴木さんは驚いた様子で「好青年みたいになってる!」、「ヒゲ濃いよ」などと劇中とは全く違う3人にツッコミを入れつつ満面の笑み。3人は、「高良くんは精神的に追い詰められたらしくて、部屋に戻ったらベッドで体育座りしていた」(日向寺さん)、「5人で飲みに行った」(蕨野さん)など撮影現場でのエピソードを暴露。キャスト陣の絆の強さを感じさせた。

『軽蔑』は全国にて公開中。

特集「『軽蔑』“この純愛、どこまで逃げ切れる?”」
http://www.cinemacafe.net/ad/keibetsu/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top