ジェームズ・フランコ インタビュー オスカー監督に引き出された新たな魅力

最新ニュース

『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
  • 『127時間』 -(C) 2010 Twentieth Century Fox
作品ごとに全く異なるタイプの役柄を演じつつ、不思議な魅力で観る者を惹きつけるジェームズ・フランコ。その名を世界に知らしめた『スパイダーマン』シリーズでは、屈折した思いを抱えて心を闇に染めていくハリー役で存在感を放ち、『スモーキング・ハイ』ではセス・ローゲンと共にマヌケなコンビを好演しゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネート。そして『ミルク』では主人公の恋人のひとりを演じ、寂しさと優しさを湛えた表情が絶賛され、2度目のオスカー像を手にした主演のショーン・ペンに負けずとも劣らぬ高い評価を得た。今年のオスカー授賞式では司会者であると同時に主演男優賞候補者として、まさに八面六臂の活躍を見せたが、彼をそんな立場に押し上げたのがまもなく公開となる『127時間』である。本作の撮影の様子やメガホンを握ったダニー・ボイルの魅力について、ジェームズが熱く語ったインタビュー映像が到着! 自然に囲まれた撮影現場で彼は何を感じたのか——?

登山家のアーロン・ラルストンが実体験を綴った「奇跡の6日間」(小学館刊)を原作に、岩に挟まれて身動きが取れなくなった男の限界を超えた127時間と、サバイバルのために彼が下したある“決断”を描き出す本作。広大な自然の中で開始された撮影だが、監督のある意図によって撮影方法が変更される。ジェームズはそのときの様子をこう語る。
「ダニーはテイクを細かく区切らずに撮影することを望んだんだ。長いテイクで撮ったシーンを切り取って効果的に使うためにね。長いときは20分くらいノーカットで撮影したよ」。

だが、その手法は俳優にとって、大きな課題が…。
「監督は具体的な指示が出せなくなる。『13分後にこう動いてくれ』なんて言えないだろ(笑)? だから僕と監督は同じ構想を持って撮影に臨まなければならなかったんだ。そのすり合わせは難しかったよ」。

いわば、2人の信頼関係が可能にさせた撮影というわけだ。ジェームズはダニー・ボイルから直接掛けられた言葉を踏まえて、その魅力をこう表現する。
「ダニーは監督という立場から役者の心得についていろいろ教えてくれたよ。常に新しいことに挑戦し、自分を高めることが大事だということ。『未知の作品に触れることで新たな能力を引き出せる』ってね」。

まさにその言葉通り、限られた狭い空間の中で映し出される、これまでにない彼の表情、その変化、そして彼が表現したアーロンという男の深みを持った人間性にぜひ注目してほしい。


『127時間』は6月18日(土)よりTOHOシネマズシャンテ、シネクイントほか全国にて公開。

※こちらのインタビューはMOVIE GALLERYにて動画でご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery

「127の運命を変えた瞬間」キャンペーンサイト
http://127movie.jp/special/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top