松山ケンイチ、中国初上陸! サプライズ舞台挨拶に上海のファン熱狂

最新ニュース

第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
  • 第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
  • 第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
  • 第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
  • 第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
  • 第14回上海国際映画祭の記者会見&舞台挨拶に登壇した松山ケンイチ&SABU監督
松山ケンイチが主演映画『うさぎドロップ』を携えて中国初上陸! 開催中の第14回上海国際映画祭の記者会見と舞台挨拶に出席し大歓声を浴びた。

亡くなった祖父の隠し子と共同生活を送ることになった青年サラリーマンの奮闘を温かく描き出した本作。松山さんの“イクメン(※育児をする男性)”ぶりに加え、天才子役として飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せる芦田愛菜の共演が注目を集めている。

育児にいそしむ日本の若い世代の男性を描いた作品とあって「ライフスタイルの違う異国の地でどのような受け入れられ方をするのか楽しみです。テーマは普遍的な家族愛でありSABU監督が描くかっこいい男の姿なので、中国の方々と感動を共有できると嬉しい」と意気込んで上海入りした松山さん。まずは上映終了後の舞台挨拶にSABU監督と共に登壇したが、観客には事前に知らされておらず、サプライズで2人が登場すると500人ほどの観客で埋まった客席からは叫び声のような大歓声がわき起こった。

松山さんは「上海は(※中国自体も)初めてですが、こんなに温かく迎えてもらって本当に嬉しいです。この作品は、人生において何が大事なことかを学ぶ映画だと思います。僕自身もダイキチという役を通して大切なことは何かを学ばせてもらいました」と挨拶。上海の印象を尋ねられると「先ほど到着したばかりで、ワンタンラーメンしか食べてないのでまだよく分からないですが、お客さんの映画に対する興味度の高さもうかがえ、エネルギーを感じる街ですね」と好印象を抱いた様子だった。

監督も北京語で観客に向けてお礼を述べ、歓声を浴びていた。記者会見にも多くの報道陣が詰めかけたが、特に話題となっていたのが愛菜ちゃんの自然な演技。台本を渡さずにリハーサルで演技を覚えてもらうという手法に、メディアからは驚きの声が上がっていた。

松山さんは覚えたての上海語で「シャジャー(ありがとう)」と伝え、客席からは発音が良いとの声も。初めての中国でファンとの交流を果たし満足そうな笑みを浮かべていた。

『うさぎドロップ』は8月20日(土)より渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top