田中要次、韓国でやってみたいことは…ズバリ植毛! 短編映画が日韓観光のかけ橋に

最新ニュース

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」日韓観光復興イベント
現在開催されているアジア最大のショートフィルム映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が、観光庁とタッグを組んだ「日韓観光振興プロジェクト」の上映イベントが6月23日(木)、東京・ラフォーレミュージアム原宿で行われた。韓国最大規模の国際短編映画祭「アシアナ国際短編映画祭」と提携し、映像を通じた日韓の観光交流振興を目的にしたこの取り組み。会場では日本人監督によるオールソウルロケの『スーパースター』(出演:櫻井淳子/キム・ウンス)、韓国人監督によるオール鎌倉・藤沢ロケの『スマイルバス』(出演:パク・コニョン/リュ・ヒョンギョン/田中要次)が上映されたほか、監督・キャストがトークショーを行った。

『スーパースター』は櫻井さん演じる韓流スターの“追っかけ”が、偶然出会った中年男性(ウンス)に助けられながら、憧れのスターを追って、ソウル市内を右往左往するコメディタッチの短編(約19分)。メガホンをとった萩原健太郎監督は「日本の追っかけの女性を通じて、新しい韓国が見えてくるんじゃないかと思った」と作品の着想をコメント。撮影は今年1月に行われ、櫻井さんは「あまりの寒さに驚いた」のだとか。ウンスはかつて日本映画学校(現・日本映画大学)で演出を学んだ経験を持ち、「旅は人生の原動力。ソウルのような都会もいいが、ぜひ田舎を旅してほしい。私たちが忘れた懐かしいものがあります」と流暢な日本語で、韓国のおすすめスポットを紹介してくれた。

一方の『スマイルバス』は神奈川県・藤沢にある恋人の丘“龍恋の鐘”の言い伝えをベースに、日本で観光ガイドをする韓国人女性(ヒョンギョン)と、彼女に突然別れを告げられた恋人(コニョン)の恋愛模様をハートウォーミングに描く(約23分)。コニョンは「日本に来るたび、いい思い出を作って帰ることができる。今回の撮影は3日間だったので、今度はゆっくり過ごせたら」。また、2人を見守るバスガイドを演じた田中さんは「行ってみたい韓国の場所? テジョンだったか、テグだったか…。確か医療がとても進歩している町があるんですよ。そこに行って植毛したい」と語り、会場を爆笑に包んだ。

イベントにはアシアナ国際短編映画祭の実行委員長で、韓国を代表する国民的俳優のアン・ソンギ(『ピアノを弾く大統領』、『シルミド』)も出席し、「2つの映画祭は、お互い兄弟のような関係。今回の振興プロジェクトを機に、さらに本格的な協力関係が始まった。成果はもちろん、過程も大切にできれば。この友情が長く続くことを祈ります」と挨拶した。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」は6月16日(木)〜19日(日)まで表参道ヒルズスペース オーにて、6月22日(水)〜26日(日)までラフォーレミュージアム原宿ほか各所にて開催。

特集「ショート ショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」
http://www.cinemacafe.net/special/ssff2011
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top