相葉雅紀、NHKスタッフによる国産自然ドキュメンタリー映画のナビゲーターに!

最新ニュース

『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
  • 『日本列島 いきものたちの物語』 -(C) 2012映画「日本列島」製作委員会
「嵐」の相葉雅紀が、日本に生息する生き物たちの生態を追った自然ドキュメンタリー映画『日本列島 いきものたちの物語』のナビゲーターを務めることが決定した。

NHKスペシャル「プラネットアース」、「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」などの人気番組を手がけ、自然科学番組の制作に定評があるNHKエンタープライズが製作に参加した本作。北は北海道・稚内から南は沖縄の西表島まで全国20都道府県の30にもおよぶ箇所で撮影が行われた。奇跡とも言える豊かな自然風土の恵みを受けてきた日本に生息する生き物たちの、知られざる“家族愛”をテーマに描き出す。

ネイチャードキュメンタリーと言えば、イギリスのBBCが有名で、『アース』をはじめ、これまで数々の作品が日本でも公開されてきたが、今回は国産自然ドキュメンタリーとして、先述のNHKエンタープライズをはじめ、トップレベルのカメラマンが集結! 世界的に活躍する岩合光昭に、水中写真家の第一人者・中村征夫、野鳥のエキスパート・嶋田忠など20名以上のカメラマンにより、極上の瞬間が切り取られている。配給の東宝にとっても初の自然ドキュメンタリー作品の配給となる。

釧路湿原(北海道)を舞台に繰り広げられる、キタキツネの親子の成長と別れの物語に、六甲山で愛らしいウリボウの兄弟が繰り広げる大冒険、襟裳岬でのアザラシの誕生に小笠原を舞台にした海の生き物たちのドラマなど、様々な命の物語がここに! 2009年7月に開始された撮影は現在も続いており、トータルで2年半もの撮影が予定されている。

今回の映画には、複数の豪華ナレーターが参加する予定となっているが、相葉さんは映画全体をくるむような形で“ナビゲーター”を務めることに。動物番組にレギュラー出演するなど大の動物好きで、これまで多くの動物たちと触れ合ってきた相葉さんにはまさに適任の役目と言える。ナビゲーターを務めるにあたり、屋久島に暮らすニホンザルの親子を撮影中の、カメラマン岩合氏の元を訪れ、撮影の様子を見学したという相葉さんは「撮影隊は、自然と一体になって、そこに、とけ込んで撮影をしている感じがしました。群れの中にまじるくらいの、生き物たちとの距離感には本当に驚きました。今回、屋久島でしか感じられない空気、景色、匂い、肌で感じるもの、すべてが新鮮でした。生き物たちの親子の愛情であったり、群れの中での関係性には、人間の営み以上の“喜怒哀楽”を感じました。生き物たちの家族を見ていると、“コミュニケーションの重要性”を改めて感じます。いまのリアルな、日本列島の自然や、生き物たちを映し出している映画ですので、みなさんが『一緒に勉強したい!』と思えるようにしっかりとナビゲーターを務めたいと思います!」と力強く意気込みを語る。

美しき四季に彩られた日本で暮らす生き物たち。誰も見たことがなかった“日本”の姿がここに!

『日本列島 いきものたちの物語』は2012年初春、公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top