芦田愛菜の関西弁&キュートなダンスに“保護者”松山ケンイチもメロメロ

最新ニュース

『うさぎドロップ』大阪舞台挨拶
  • 『うさぎドロップ』大阪舞台挨拶
  • 『うさぎドロップ』大阪舞台挨拶
  • 『うさぎドロップ』大阪舞台挨拶
映画『うさぎドロップ』の先行特別舞台挨拶が7月12日(火)、大阪ステーションシティシネマで開催され、主演の松山ケンイチに天才子役として人気沸騰中の芦田愛菜、SABU監督が登壇。関西出身の愛菜ちゃんの関西弁での挨拶に会場からは歓声が上がった。

宇仁田ゆみの人気漫画を原作に、死んだ祖父の隠し子の少女・りんを引き取ることになったダイキチが、周囲に助けられながら、りんと共に成長していく姿を描く。

松山さんは「撮影中は、愛菜ちゃんがかわいくて癒されていました。遊んでいる延長でお芝居があったので、ひとつの作品として観るより、思い出アルバムのように撮れたので、感謝しています」と、いまをときめく天才子役との共演をふり返った。

一方の愛菜ちゃんは「松山さんは休憩のときもずっと遊んでくれて、とても優しかったです。足を持ってブラブラしてくれました」と明かす。松山さんは劇中だけでなく、撮影を離れても“イクメン”ぷりを発揮していたようだ。

もうすぐ夏休みということで、思い出を聞かれると松山さんは「残念な思い出」としてお漏らししたエピソードを告白。「何で我慢する選択をしてしまったのか、なぜトイレに行く選択をしなかったのか。それ以来、トイレの場所はしっかり確認するようになったし、トイレに行ったらトイレットペーパーがちゃんとあるか確認するようになったし、いろいろ成長しました」としみじみ。

愛菜ちゃんはもうすぐ、小学生になって初めての夏休みを迎えるが「海とか花火に行きたい」と笑顔を見せた。

最後に松山さんは「たくさんのつながりの中で、生きていると実感できる映画です。ダイキチもとてもかっこいい男なので、男に観て欲しい映画です」と映画をアピール。愛菜ちゃんは「今日は来てくれてほんまにありがとぅ。『うさぎドロップ』はめっちゃかわいい映画になりました。みなさん、たのしんでみてや〜!」と関西弁で呼びかけ、会場は拍手と声援に包まれた。写真撮影の際に愛菜ちゃんがおどけて腰を振って踊るようなしぐさを見せると、客席からは「かわいい!」という声が。愛菜ちゃんの千両役者ぶりに客席はもちろん、松山さんも監督もメロメロだった。

『うさぎドロップ』は8月20日(土)より渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top