大泉洋&松田龍平インタビュー 白銀の撮影現場で語った信頼とゆるさが生んだ手応え

最新ニュース

『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
  • 『探偵はBARにいる』大泉洋×松田龍平 現場取材インタビュー photo:Naoki Kurozu
2月の北海道。札幌から車をしばらく郊外へと走らせたところにある街の、ほぼ見渡す限り雪の平原の中に大泉洋と松田龍平はいた。初共演作『探偵はBARにいる』で彼らが演じているのは主人公の探偵とその相棒。見るからに“異色のコンビ”といった感じだが、派手なアクションの中でも2人は息の合った、そしてクスリと笑える絶妙なやり取りを見せている。このときはまだ撮影が始まって数日。激しいアクションをこなしつつ、役柄を探りつつといった具合だが、そんな2人が撮影の合間を縫って現場で作品、役柄、そして2人の関係性について語ってくれた。

初日から激し過ぎるアクションの連続!

札幌在住の作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズの一篇が原作。アジア最北の大歓楽街・札幌のススキノを根城にする探偵(大泉さん)が、とある女からの電話をきっかけに事件に巻き込まれていく。

この現場で撮影されたのはメインのアクションシーン。雪の中、屋根の上での大立ち回りに銃撃、スノーモービルと次々とド派手なアクションが展開する。大泉さんは渋い顔で「左足首に太もも、右脇に親指の付け根…」と湿布が貼られた箇所を列挙。
「いや、もうボロボロです、初日から(苦笑)。この映画、こんなにアクションシーンあったんだ? と若干意外でした」。

ここまで激しいアクションは初めて。大泉さん自身、元々アクションに挑戦してみたいという思いがあったのかと思いきや…
「いや、そういう意気込みは全くないんです(笑)。弱音ばかり吐いております。『なんでおれがこんなアクションを?』、『コメディ俳優なんだよ、おれは!』と(笑)。脚本には準備稿の段階から話し合いに参加してましたが、いよいよ決定稿になったときに(アクションシーンが)とんでもない膨らみ方をしていて、待て待て! 増えてるぞって」。

一方の松田さんは、探偵のクールな相棒・高田役だが、空手の有段者という設定。この日、撮影された“殴り込み”のシーンでは、屋根の上から敵を蹴落とし、スノーモービルを運転して逃走する、という主演の大泉さんを食うような大立ち回りを見せている。ほぼスタントなし! 大泉さん同様、松田さんも「まさかここまでやるとは…」と苦笑まじりに首をひねる。
「(屋根の上でも安全用の)紐とか一切なくて、当たり前のように『松田さん、ここでアクションです』と(笑)。スノーモービルなんて初めて乗ったのに上級者みたいな走りをリクエストされてデコボコ道をジャンプしたり。事故があってはいけないので、結構削りましたよ。心を(笑)。最初こそ驚きましたけど、こういう現場なんだと分かってから楽しくなりましたね。攻めの注文をしてくる現場なので、僕自身が安全を考えて無理なら止めよう、と。安全を意識し過ぎてそれが足枷になって、もったいないことになるよりは、攻めて行って、役者が『無理』と言う方が面白い。『劔岳 点の記』もそうでしたけど、監督が『そこで撮る』と言って周りが『死んじゃいますから!』って止める(笑)。あのときと同じスタッフも何人かいて、周りは雪なので時々、『あれ? ここどこだ?』という気分になりますね」。

相棒役を地で行く、ユルすぎる松田の空気が「絶妙!」(大泉)

酒好き、女好きの探偵はコミカルな要素を持ちつつも、ベースの部分はハードボイルド! これまでにないタイプの役柄を大泉さんも楽しんでいるようだ。
「探偵という職業もそうですし、男なら誰もが憧れる部分ではありますよね。好きなヒーロー像です。決してカッコよすぎないところがカッコいい。肝心なところで何もできなかったり。結構、(探偵は)ダーティなところもあって、悪いこともいっぱいしてるんですよね。そうした部分も含めて憧れますね」。

探偵と高田。否応なしに周囲のドタバタに巻き込まれていく男とウルトラマイペースな男。全くタイプは違う2人の関係性、掛け合いも大きな見どころだ。大泉さんは「高田をそのまま地でいってる」と松田さんを絶賛する。
「一緒にやってみたら実に面白い。これまで、どちらかというとテンポの良い掛け合いで笑いを作るということが多かったのですが、ここまでテンポの違う人との絡みは新鮮で面白かったです。(松田さんは)マイペースで淡々とした雰囲気が魅力的だけど、実際に見てみたら絶妙(笑)!」

この日、撮影された緊迫したアクションシーンの中に、スノーモービルを操る高田が探偵に「乗れ!」と声を掛ける場面があるのだが、そのときの松田さんの口調は大泉さんの“ツボ”だったよう。
「どんだけ抜いてセリフ言うんだ! って(笑)。あのシチュエーションであの『乗れ!』はミラクルです。僕にはない発想でした。ああいうキャラを作れるっていうのは素晴らしいですよね。高田の役も途中から龍平くんにアテ書きですね。ボーっとした浮世離れした感じが高田とかぶっていて。掛け合いがすごく面白いし、リアルにイラッとさせてくれるんですよ(笑)」。

なぜこの2人が友人? 男2人が醸し出す奇妙な空気とコンビネーション

その松田さん曰く高田は「無口でシンプルな男」。激しいアクションとは裏腹にその“まったり”感が魅力である。
「高田と探偵の、ストーリーに絡まないところでのやり取りが、休憩というか“一息ポイント”になってるんです(笑)。事件はすごいスピードで進行するんだけど、それに比べて探偵と高田のやり取りはのんびりしてるんです」。

また、今回、初めてコンビを組んだ大泉さんにはすでに信頼している様子。
「(バディムービーは)相手があって、自分がいるというのが成立しないとやりづらいけど、そこは大泉さんに助けていただいていますね。初めての共演ですが、大泉さんが壁を乗り越えてこちらに来てくれるので。阿吽の呼吸が成立してる2人だから、そこは重要だったしやりやすいです」。

ルパンと次元——。コメディ要素が織り込まれたアクションシーンも含め、製作当初より2人の関係はそう評されてきた。大泉さんは「子供の頃から『ルパンに似てる』って言われたこともあります」ということでまさにハマり役と言えそう。
「まあ顔が長くてサルみたいでヒョロッとしてるってことですが(笑)。確かに子供の頃から似てると言われてました。空中で服を脱いで、そのまま『不二子ちゃーん』って抱きついたりはできませんけど(笑)」。

そういえば、同じくこの日、撮影された2人が年代物だがおんぼろの車で逃走するシーンも「ルパン三世」そのままといったところ。事件の真相はもちろんだが、2人のアクション、そして噛み合っているのか合ってないのか? という掛け合いもお見逃しなく。



特集「『探偵はBARにいる』/探偵さんに聞いてみよう!」
http://www.cinemacafe.net/ad/tantei
《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top