『麒麟の翼』で中井貴一と松坂桃李が親子役! 菅田将暉、竹富聖花ら注目の若手も出演

最新ニュース

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(仮題) -(C) 2012映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜(仮題)」製作委員会
  • 『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(仮題) -(C) 2012映画「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜(仮題)」製作委員会
東野圭吾の人気シリーズをTVドラマに続いて映画化した『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(仮題)に殺人事件の被害者役として中井貴一、その息子役で松坂桃李が出演することが決定。ほかに三浦貴大、菅田将暉、劇団ひとり、竹富聖花ら豪華俳優陣の参戦も明らかになった。

刑事・加賀恭一郎を主人公とした東野圭吾の人気シリーズの実写版で、TBSで放送された連続ドラマ「新参者」およびスペシャルドラマ「赤い指」の続編にあたる本作。東京・日本橋にそびえる翼のある麒麟の像の前で、刃物で刺された男性の遺体が発見される。この事件にまつわる様々な謎を、阿部寛扮する加賀恭一郎が解き明かしていく。

中井さんが演じるのはまさにこの刺殺される被害者・青柳武明。大手企業の本部長でありごく一般的な家庭の良き父親でもあった彼が、なぜ殺されなければならなかったのか? 実は彼の存在こそが「現代社会において希薄になりつつある“人間の絆”とは何か?」という本作品のテーマを担う重要な人物となるのだ。

そんな父との確執に悩む高校生の息子・青柳悠人を演じるのは人気急上昇中の若手俳優・松坂桃李。さらにその後輩で、行方が分からなくなっている吉永を菅田将暉が演じる。ちなみに、オリコンの2011年上半期“最もブレイクした”と思う若手俳優ランキングで、松坂さんは4位、菅田さんは5位にランクイン。1位はTVドラマで重要な役どころを演じた向井理で、3位はTVドラマ版に続いて刑事役で本作にも出演する溝端淳平。いかに本作に、注目の若手俳優陣が多く顔を揃えているかがうかがえる。若手俳優ではほかに悠人の友人で山崎賢人、聖也も出演している。

また、すでに新垣結衣が今回の劇場版に出演していることは明らかになっているが、その恋人であり、事件の容疑者である八島を演じるのは三浦貴大。新垣さん演じる中原香織は、彼の無罪を信じて奔走する。ほかに悠人の中学時代の恩師に劇団ひとり、さらにモデルとして絶大な人気を誇り、最近では女優としても注目を集める16歳の竹富聖花が報道被害に混乱する青柳家の長女・青柳遥香を演じる。

中井さんは「いま、家族の絆とその方向性が日本では違う方へ進んでいるのではないかと思うことが多々あります。教育することと教養を身につけることの意味合いがずれてきているような。教養を磨くのは学校で、教育は家庭で行うのが大切だと僕自身は認識していますが、今回の映画では、父と子の教育や関係性が主軸にあり、父の威厳がとても希薄になっている昨今、伝えるべき題材であるし、父が子にどう立ち向かえばいいのか、子は父をどう思えばいいのかを上手く表現できたらいいなと思ってこの役を受けさせて頂きました。たかが映画、されど映画。僕たち俳優が伝えていけることは、“人が人を想うことの大切さ”や、死ぬ間際になって初めて分かる“伝えるべき言葉”、またそのときまで気づけない“人間の儚さ”といったものくらい。こういうものを永続的に伝えていくというのが使命なのかなと思います。僕たちが演じることはそれ自体がお客様へのメッセージであり、みなさまに何を感じてもらえるかが大事だと思っています。自由に感じてもらい、それぞれがどういうふうに心に残るかを楽しんでいただけたらと願っています」と映画が伝えようとするメッセージに共感を寄せる。

映画では、良き父親に見えた武明の、家族すら知らない秘密が明らかに! 胸を刺されたにもかかわらず助けも呼ばず、麒麟像の前まで歩き続けて、絶命に至った本当の理由とは何なのか…? 邦画を代表する名優が若い世代にメッセージを投げかける。

『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』(仮題)は2012年1月、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top