桐谷美玲、艶やか浴衣姿を披露…でも、お腹が空くと不機嫌に!?

最新ニュース

『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
  • 『乱反射』、『スノーフレーク』初日舞台挨拶
モデルで女優の桐谷美玲が8月6日(土)、主演作を2本立てで上映する『乱反射』、『スノーフレーク』の初日舞台挨拶(東京・シネマート新宿)に艶やかな浴衣姿で出席した。「短い期間で2つの役をやらせていただくのは初めてで不安だらけ。私ばっかりじゃ、観ている方も飽きちゃうんじゃないかって…」と桐谷さん。とはいえ、恋心に揺れる女子高生歌人(『乱反射』)、死んだ幼なじみを忘れられない短大生(『スノーフレーク』)というまったく異なる役柄を演じ分け「とても充実した毎日で、楽しい記憶しかない」と“女優開眼”を笑顔でふり返った。

高校生を演じた『乱反射』は「初々しさや無邪気さをどう表現するか意識した。(高校)当時を思い出しながら、自然に若返った感じ」。『スノーフレーク』での短大生役はより実年齢に近いこともあって「こちらのほうが自分に近い。芯の強い部分や、頑固で負けず嫌いなところが私に似ている」と役作りを語った。

『乱反射』で共演した三浦貴大は「ガッツのある人で、僕も見習わなくちゃと思った。本当に“辛い顔”というものを見せない」と桐谷さんを称える一方、「お腹が空いたときは、ちょっと不機嫌でしたけどね(笑)。僕が美玲ちゃんにから揚げを運ぶ係だった」と素顔を暴露する一幕も。これには桐谷さんも「そういえば『から揚げがない』って騒いでいましたね」と照れ笑いを見せていた。

2本のメガホンをとった谷口正晃監督は「最初は同じ女優さんで2本撮ると聞いてびっくり。でも新しいチャレンジだし、今後も多分ないチャンスだから『まず、やってみよう!』って。桐谷さんはカリスマモデルさんでもあるし、どんな現場になるのか見えない部分もあったが、いざ撮影が始まると、しっかり地に足ついた女優さんだった」。さらに「根性があるし、常にポジティブ。もし自分に娘がいたら、こんな風に成長してほしい」と桐谷さんにゾッコンの様子だった。

この日の舞台挨拶には『スノーフレーク』に出演する青山ハル、白石隼也も出席。桐谷さんだけでなく、男性陣も全員浴衣に身を包み、涼しげな初日舞台挨拶となった。

『乱反射』『スノーフレーク』はシネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top