『モテキ』でPerfumeが映画初出演! 森山未來が4人目のPerfumeメンバーに?

最新ニュース

『モテキ』にPerfumeが出演! -(C) 2011映画「モテキ」製作委員会
  • 『モテキ』にPerfumeが出演! -(C) 2011映画「モテキ」製作委員会
  • 『モテキ』にPerfumeが出演! -(C) 2011映画「モテキ」製作委員会
森山未來主演の人気ドラマの劇場版として注目を集める『モテキ』のミュージカルシーンで、人気テクノポップユニット「Perfume」が映画初出演を果たしていることが明らかになった。

原作は「イブニング」(講談社刊)に連載された久保田ミツロウによる累計発行部数180万部超の人気漫画。ドラマでは、もうすぐ30のサエない童貞男・幸世が、突然訪れた“モテキ”(一緒に数回、誰にでも訪れるというなぜかモテまくる時期)に4人の女性との恋を経て成長していく姿が描かれた。劇場版では新たな出会いもなく、“セカンド童貞”のままの幸世に二度目のモテキが! 新たに彼の目の前に登場した女性や過去の女性たちの間で揺れ動きつつ、本当の恋愛にたどり着くべく奮闘する。

ドラマ版では作品を彩る“祭り”として、J-POPが重要な要素に。各話のサブタイトルは実在する楽曲が元ネタになっており、カラオケシーンでは、キャスト陣が「ロックンロールは鳴り止まないっ」(神聖かまってちゃん)や B'zのメドレー、「粉雪」(レミオロメン)を熱唱するなどして大きな反響を呼んだ。中でもPerfumeの「Baby cruising Love」に合わせて幸世が踊るシーンは話題となったが、映画版ではさらにグレードアップした「Baby cruising Love」のシーンにPerfume本人が出演! Perfumeにとってはこれが映画初出演となる。

劇中、幸世が珍しく訪れた恋愛チャンスに浮かれる気持ちをミュージカル風に見せるシーンで本楽曲を使用。森山さんは驚くべき早さで彼女たちのダンスに順応し、4人目のメンバーのように完全に溶け込んでいた。元々、『(500)日のサマー』でジョセフ・ゴードン=レヴィットが恋に陽気に浮かれ、歌に合わせて踊るミュージカルシーンへのオマージュとされる本作のミュージカルシーン。50人のダンサーとチアガールも加わって華やかなシーンが完成した。

Perfumeからは「ドラマの『モテキ』でPerfumeの曲が流れているといううわさは聞いていましたが、今回の映画版では、出演までできて本当に嬉しいです。スタッフの方もPerfumeの曲を愛してくれている方ばっかりで、本当にあたたかい雰囲気の現場で楽しかったです。カメラチェックして、映像が綺麗でびっくりしました! 映画ってすごい! さっきまで未來さんと踊っていたけど、まだ信じられないです。ちゃんとこの映画がいろんな人に観てもらえるように、私たちも宣伝します(笑)! これを全国の人に観てもらうと思うと不思議です。早く観てほしいし、私たちも早く観たいです」と興奮気味のコメントが到着した。ちなみに、Perfumeの3人は、幸世のようなサブカル好き草食男子は「大歓迎です♪」とのこと。「素敵だと思います。幸世みたいな人がPerfumeの曲を聴いてくださっていることも多いと思いますし、ライブにも来て熱い視線と声援を送ってくださっています。マンガやドラマを見ていても『なんでもっと自分を出さないの!』って歯がゆい思いをしながらも、そこが面白いなーっと思って見ていました」と明かす。

森山さんは撮影当日の現場の様子について「当日現場のスタッフの“ふわふわ”具合といったらハンパなかっですね。みんな嬉しすぎて変なテンションになっていました」と証言。「最初はPerfumeが踊っているのを、僕が後ろで見ているという演出が多かったんですが、『4人目にならせてください!』という気持ちで自らダンスに参加させてもらえるようにお願いしました。結果、いままでの三角形というPerfumeのフォーメーションが、平行四辺形や台形になっていたのが面白かったですね」とふり返った。映画版ということで、ドラマ版以上の壮大な歌とダンスに期待がかかるが森山さんは「このシーンを見るだけでも1,800円払う価値があるくらい、楽しいシーンに仕上がっています。期待ください!」と自信をのぞかせる。

森山さんとPerfumeのダンス勝負の軍配は? Perfumeと一緒に浮かれまくった挙句、幸世は今度こそ幸せをつかむことができるのか?

『モテキ』は9月23日(金・祝)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top