さしこがハリウッド映画吹き替えで声優デビュー! アンジーと共演希望

最新ニュース

『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
  • 『イースターラビットのキャンディ工場』舞台挨拶にて
先日より公開中のハリウッド発のアニメーション映画『イースターラビットのキャンディ工場』の日本語吹き替え版で「AKB48」の“さしこ”こと指原莉乃が声優デビューを果たしていることが明らかに。8月23日(火)に行われた本作の舞台挨拶に指原さんが登壇し、声優デビューを報告した。

AKB48の派生グループ「Not yet」が本作の日本語吹き替え版主題歌を担当。メンバーの大島優子、北原里英、横山由依、指原さんの4人の内のひとりが、映画に登場する、おっちょこちょいのうさぎの“ピンクベレー”の声を担当していることはすでに、発表されており、誰が演じてるのかを映画を観て当てるクイズキャンペーンが実施されていた。メンバーからは「一番、うさぎらしくない」と突っ込まれていた指原さんにまさかの(?)白羽の矢が立った。

指原さんは、キュートなうさぎの耳飾りを着けて登場。会場からの「かわいいっ!」という声に「またまたそんなご冗談を!」と少し恥ずかしそうに笑みを浮かべた。初めての声優の仕事については「演技が上手ではないので不安でしたが、みなさんに助けられて楽しくやれました」とふり返った。「声が低いので、これ以上出せないくらい高い声を出しました」と苦労も明かした。

その後、報道陣の質疑に応じた指原さん。役柄にちなんで「メンバーでおっちょこちょいなのは?」と聞かれると「おっちょこちょいではないんですが、ちょっとしたミスがかわいいのが(篠田)麻里子さま! 普段は博多弁を出さないんですが、昨日もしゃべってて博多弁がポロっと出て、そういうちょっと抜けてる瞬間がすごくかわいい」と暴露。かく言う自身は「おっちょこちょいで電車を乗り間違えるんです。反対の電車に乗っちゃうんです…(苦笑)」と恥ずかしそうに告白した。

今回はハリウッドアニメの日本語吹き替え版だが、実写映画への出演意欲を尋ねられると「そんなことになったら大変ですね!」と言いつつまんざらでもないよう。「北原里英が唇がアンジェリーナ・ジョリーに似てるって言われてるんで、Not yetで共演したいです!」と語った。

『イースターラビットのキャンディ工場』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top