『猿の惑星』で研究者を演じるジェームズ・フランコは4つの大学に通う高学歴男!

最新ニュース

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 -(C) 2011 TWENTIETH CENTURY FOX
映画史上に燦然と輝く名作『猿の惑星』の“起源”を描き、全米で2週連続興行収入第1位に輝いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。当然のように知性を持った“猿”に注目が集まりがちの本作だが、忘れてはいけないのが人間側の主人公である科学者のウィルを演じるジェームズ・フランコの存在。今年のアカデミー賞では『127時間』での主演男優賞ノミネートに加え、アン・ハサウェイと共に司会者まで務め、八面六臂の大活躍を見せたが、彼の多才ぶりはそれだけにとどまらない。俳優に脚本家に小説家、映画とTVドラマの監督などに加え、実は彼は4つの大学および大学院に通いながら俳優としての活動を続けるハリウッドきっての秀才なのだ! 科学者という役柄はそんな彼にピッタリとも言える。

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で英文学を専攻していたジェームズだが、演技に目覚めて大学を中退。TVシリーズ「フリークス学園」で人気を博し、2001年にはTV映画「DEAN/ディーン」でジェームス・ディーンを演じゴールデン・グローブ賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞するなど、着実にキャリアを築いてきた。『スパイダーマン』シリーズで世界的に名を知られるようになり、『スモーキング・ハイ』、『ミルク』と、演技派として高い評価を得続け、その後の活躍は多くの人が知るところ。

一方で、その間にUCLAに再入学して優秀な成績で卒業。さらにニューヨーク大学とコロンビア大学、ブルックリン・カレッジに同時入学し、今年の春からは文学博士号取得を目指しイェール大学院に進学するなど、現在は4つの大学、大学院の学生としての顔も持っている。ちなみに、先に名の上がった大学のうち、イェール大学とコロンビア大学はアメリカの「USニューズ・アンド・ワールド・リポート」による「2011全米大学ランキング」で3位と4位に入っており、「世界大学ランキング 2010」でも3位と11位(参考までに東京大学は24位)に入っている。日本とは異なり、欧米の大学は入ってからが大変とされる。エマ・ワトソンにナタリー・ポートマンなど、難関の大学に通うハリウッドスターは多々いるが、4校同時に在学というのは、ハリウッドでも稀に見る高学歴俳優と言える。

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』は2010年の夏休みに彼が俳優活動に専念し、カナダのバンクーバーで撮影が進められた。ルパート・ワイアット監督は「ジェームズは非常に変わった男で、生まれながらにして驚異的な才能を持っているんだ。演じるという本能に関して、彼は特に並外れた力を持っている。監督としてはある意味狼狽させられてしまうほどだよ」と賛辞を惜しまない。

今回のウィルという役は、認知症を患う父親の治療薬の開発のために寝る間も惜しんで研究に没頭する男。ジェームズは自らが演じたこの男を「ウィルは冷静で孤独な男だ」と語る。研究の中で彼はチンパンジーのシーザーを世話することになるが、ここから徐々に変化が…。

ジェームズは続ける。「ウィルは父だけでなく、この幼いチンパンジーの介護者にもならなくてはならない。ストーリーが進むにつれて、ウィルはより人間らしくなっていき、科学者としての側面が希薄になる。薬の成功よりもシーザーのことが気になっていくんだ。ウィルにとってシーザーはペット以上の存在で、この特別なチンパンジーの父親的存在になっていくんだ」。

また、本作のテーマに関してジェームズは「今回の作品では科学倫理について言及されている。この作品は技術が人間の手の及ばないところまで来てしまったときに起きてしまう悲劇的な物語なんだ。僕はこの作品が戒めの物語になりうるという考え方が気に入っている。少し想像力をふくらませると現実の世界で“こんなことが起きそうだ”という世界を描いているんだ」と語っている。

鋭い視点と深みのある解釈の上に立ち、ジェームズは人間側で苦悩するウィルを熱演し高い演技力を発揮している。ハリウッドきっての“知性派”の演技に注目!

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』は10月7日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top