櫻井翔、宮崎あおい、映画公開に喜びと寂しさ

最新ニュース

『神様のカルテ』初日舞台挨拶にて
  • 『神様のカルテ』初日舞台挨拶にて
  • 『神様のカルテ』初日舞台挨拶にて
  • 『神様のカルテ』初日舞台挨拶にて
映画『神様のカルテ』が8月27日(土)に公開を迎え、主演の櫻井翔、宮崎あおい、原田泰造、岡田義徳、加賀まりこ、深川栄洋監督が初回上映後の舞台挨拶に出席し、公開を迎えての心境を明かした。

「本屋大賞 2010」で2位に入った夏川草介の小説を映画化した本作。櫻井さんは主人公の医師・一止(いちと)を演じて「決して楽しい日々ではなかったけど、作品と役に向き合うことができて、素晴らしい仲間と出会えた。いまは幸せです」と思いを語った。これまでに100媒体以上のマスコミの取材を受けてきたが、MCの「100媒体以上」という言葉を「100倍のテンション」と聞き間違え、「しっとりとやってきたつもりでしたが…」と首をひねり、会場を笑いで包んだ。

一止の妻・榛名を演じた宮崎さんは映画が公開を迎え「すごく嬉しいけど、頑張って作った映画が離れていってしまうのが寂しくもあります。みなさんの心に残ってくれたらいいな、と思います」としみじみと語った。

原田さんと岡田さんは、一止が住むアパートの住人を演じたが、このアパートでの撮影が忘れられない様子。「いろんなことを話したし、ここに悩んだし、特別な場所になりました」と原田さんが語れば、岡田さんは、自身が演じた学士の旅立ちのシーンに触れ「いい経験、思い出です」と感慨深げだった。

「胸がいっぱいです」と初日を迎えての思いを語るのは加賀さん。「監督、櫻井さんに優しく寄り添っていただきました。普段は自分が出ている映画を冷静に観ることができないんですが、今回は気が付いたら入り込んでいました」とふり返った。

監督は、映画を観終わったばかりの900人超の観客の顔を見て「映画を作った僕たちと同じことを考えて、シンクロしてるように思います。貴重な体験です。普段は櫻井くんが入ってくると『キャー』という声が上がるんですが、今日はそれがしっとりしていたように思います」と嬉しそう。

最後に櫻井さんが「人は人によって救われるということを描いた作品です。大切な人と足を運んでいただければ」と呼びかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

『神様のカルテ』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top