長澤まさみ「大人にならないと演じられない役」に嬉し恥ずかし

最新ニュース

『モテキ』完成披露パーティ
  • 『モテキ』完成披露パーティ
  • 『モテキ』完成披露パーティ
  • 『モテキ』完成披露パーティ
映画『モテキ』完成を記念しての披露パーティが8月30日(火)、都内で開催され、主演の森山未來をはじめ、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、リリー・フランキー、大根仁監督が来場した。

人気同名漫画を原作にテレビ東京で放送されたドラマの劇場版で、原作者・久保ミツロウの手による映画オリジナルのストーリーが展開。第二の“モテキ”が訪れた草食系のセカンド童貞男子・幸世の懊悩が描かれる。

長澤さん、麻生さん、仲さん、真木さんという4人の美女からモテモテの役とあって森山さんはご機嫌。「去年から今年にかけて一生分、モテ尽くしましたね。毎日とっかえひっかえ、いろんなべっぴんさんとの撮影で、キスだ胸を触るだ、やりたい放題でした」と天国のような(?)撮影の日々をふり返った。

この日、一番多く、しかも映画に関係ない話で盛り上がっていたのはリリーさん。MCを務めるテレビ東京のアナウンサーに「TVで見るより胸大きいですよね。最近のテレ東は胸が大きい人が多い」とちょっかいをかけたかと思えば、映画が完成しての心境を聞かれると「こうして今日の日を迎えられたのは、僕らが黒い交際もなく頑張ってきたから」とブラックジョークで会場を沸かせていた。

女優陣に森山さん演じる幸世との恋愛がありかなしか? 草食系と肉食系男子どちらが好みか? を尋ねると、長澤さんは「どちらでもいいかな…(苦笑)。どっちも持っている人が理想」。麻生さんは「(幸世は)かわいいな、とは思いますがタイプじゃない」とバッサリ。仲さんも長澤さん同様「(肉食・草食は)どちらでもいいですが、部屋が散らかっている人は嫌なので(幸世は)無理です」。さらに真木さんからも「イヤですね」とモテモテな劇中とは裏腹に、4人からは否定的な答えが寄せられた…。

長澤さんが演じたみゆきは、男をメロメロにする笑顔の持ち主でこれまでにないセクシーなシーンも。長澤さんは「いままで撮られたことのないカットが多くて、脚だけや胸だけが画面に映っていて恥ずかしかったです…。同時に大人にならないと演じられない役柄ができたなと思います」と照れくさそうに語ってくれた。

麻生さんは、現場で監督と衝突することもあったとか。リリーさんに「ケンカしていた」と暴露され、大根監督も「いまだに仲が悪いです」と明かされると「バラされたー!」と困ったような笑顔を浮かべていた。

『モテキ』は9月23日(金・祝)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top