武井咲、芸能界入りのきっかけは賞金で父親に車をプレゼント

最新ニュース

『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
  • 『ワイルド・スピード MEGA MAX』オリジナル・ペイント・カーお披露目会
『ワイルド・スピード MEGA MAX』の日本語吹替え版に参加している武井咲が、9月8日(木)、自身のイラストが施されたオリジナル・ペイント・カーをお披露目。クルマ好きの一面をのぞかせた。

ド派手なカーアクションが見どころの人気シリーズの最新作で、世界63か国でNo.1を記録。武井さんは本作で初登場となるキーパーソン、新米警官のエレナの吹き替えを担当している。

オレンジ色のボディに自身のイラストの入った世界でたった1台のオリジナルカーの助手席に乗って登場した武井さんは「たったいま、初めて見ましたがすごく嬉しいです」と満面の笑み。「BGMと共に出てきたときの気持ちはスーパースターになったみたい」と嬉しそうに語った。

実はクルマ好きで、芸能界入りしたきっかけも「国民的美少女コンテストのグランプリの賞金200万円でパパにかっこいいクルマに乗ってほしかった」とのこと。現在は17歳のため、まだ免許は取得できないが「(18歳になったら)すぐに取ろうと思ってます! ファーストカーはかわいいのに乗りたい」と思いを馳せた。報道陣から「誰かに運転してもらって助手席に乗りたい?」と聞かれると「自分で運転したいです。ドイツのアウトバーンを走ってみたい」とニッコリ。ただ「映画の中に入ったら激しいカーアクションをやってみたいけど、プライベートでは小心者なのでスピード出すことはなさそうです」と免許取得前から安全運転を宣言していた。

映画の中には、ワイルドで凄まじい運転技術を持った男たちが登場するが、武井さんは「優しい人が好き」。今回は吹き替え版への声での参加となったが、実写でのハリウッド作品への参加についても「ぜひ出てみたいです。キャメロン・ディアスが好きなので」と大物女優との共演に意欲を見せた。

『ワイルド・スピード MEGA MAX』は10月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top