『ファイナル・デッドブリッジ』キャスト3人が選ぶシリーズ“最恐”シーンは?

最新ニュース

『ファイナル・デッドブリッジ』 -(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
  • 『ファイナル・デッドブリッジ』 -(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC.
人気ホラーシリーズの最新作『ファイナル・デッドブリッジ』に出演するニコラス・ダゴスト、エマ・ベル、トニー・トッドのインタビュー映像がシネマカフェ独占で到着! 互いに共演について感想や本作の見どころについて熱く語ってくれた。

“デッドブリッジ”という言葉の通り、本作で恐怖のカギを握るのは橋! 橋の崩落事故に巻き込まれて文字通り“崖っぷち”な男女の死闘が繰り広げられる。

シリーズ第1作より出演し、なぜか毎回死神に魅入られてピンチに陥る不幸なブラッドワースを演じてきたトニーに対し、ニコラスは敬意を込めてこう語る。
「彼抜きだとこのシリーズの正統な映画に思えないよ。彼が演じるブラッドワースは、ファンに愛されている。それってとても大事だよね。ファンが求めてる」。

さらに共演者としてトニーの持つ“威圧感”を絶賛。共演してみてなぜ、彼がシリーズを通じて出演することになったかを実感した様子だ。

そのトニーは熱狂的なファンの反応に対し、感謝の言葉を口にする。
「彼らは理解が深い。映画の良さは人と人を結ぶ力だね。人種に関係なく、何でも観るだろ、私はアフリカ系としていわば親善大使で、普通なら交流のない人とも話せる。芸術には壁がない。いいことだよ」。

本作への出演に際し、シリーズをまとめて観たというエマ。お気に入りのシーンは?
「3作目の日焼けサロンかな。私は使ったことないけど、きっと怖いんだろうと。だからあれを観て、絶対に行かないと思ったわ」。

トニーとニコラスもそれぞれお気に入りの衝撃シーンに言及! さらにニコラスは、本作を通じて俳優として学んだこととしてこんな言葉を…。
「様々な感情を経験したのが良かった。感情表現全般を演じられたんだ。ラブコメは前に経験があり、今回もエマと頼り合うロマンティックな関係を演じられた。この映画で学んだのは、アクションシーンや、グリーンバックでの撮影、そしてエネルギーを持続させることだね。長期の撮影に耐えうる、この映画にふさわしいエネルギーが必要だった。徹底的に訓練された感じだよ」。

そうして表現された極限の恐怖をぜひ体感してほしい。

『ファイナル・デッドブリッジ』は10月1日より(土)シネマート新宿、梅田ブルク7ほか全国にて公開。

※こちらのインタビュー映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top