鈴木京香、長谷川博己に伴われ、華麗にマレーシア凱旋!

最新ニュース

『セカンドバージン』マレーシアにて舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』マレーシアにて舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』マレーシアにて舞台挨拶
  • 『セカンドバージン』マレーシアにて舞台挨拶
映画『セカンドバージン』主演の鈴木京香が、作品の舞台となったマレーシアの首都・クアラルンプールに凱旋! 現地で開催された「マレーシア日本映画祭」のオープニング作品として上映され、共演の長谷川博己、マレーシア人キャストのヌル・エルフィラ・ロイ、黒崎博監督と共にレッドカーペットを歩き、舞台挨拶に臨んだ。

やり手の女性出版プロデューサーと若きIT社長の17歳差の不倫が話題を呼んだNHKのドラマを主要キャストはそのままに映画化。ドラマではシンガポールだった舞台が“泥の交わる場所”という意味をもつクアラルンプールに変更され、現地での撮影も行われた。

スカイブルーのドレスに身を包み、レッドカーペットに登場した鈴木さんに現地の観客と報道陣からは歓声とフラッシュの嵐。そんな鈴木さんをタキシード姿の長谷川さんがエスコートした。

舞台挨拶の冒頭、鈴木さんは「スラマップタン(こんにちは)!」とマレー語で挨拶しファンの心をわしづかみ。「今年の初夏に日本とマレーシアを舞台に撮影を進めてまいりましたが、今日みなさんに観ていただけるということで感激でいっぱいです。撮影中はマレーシアのスタッフの方に大変お世話になりましたし、ロケ先で素敵な方々にもお会いしました。私たちがマレーシアに興味を持ったように、この映画をご覧になった方で日本をより一層、興味深く感じてくださると嬉しく思います。日本での上映の前に、まずマレーシアのみなさんがどのような感想を持っていただけるか聞くのをとても楽しみにしおります」と語りかけた。

本作で初の映画出演を果たした長谷川さんは「こうやって初めての作品にも関わらず、異国の地であるマレーシアの映画祭に参加することができて、とても光栄に思っています。この作品は、死の香りが漂う純愛の物語です。マレーシアのみなさんがどのように感じられるのか、非常に興味があります。ぜひ、おおらかな気持ちでご覧になってください」と呼びかけ、「テレマカシー(ありがとう)」とマレー語で感謝の思いを伝えた。

マレーシアを舞台に選んだ理由について黒崎監督は「シナリオを作る前に、アジアのいろいろな国に行き、ロケーションスカウトしてきました。主人公の女性と男性の2人を、日本と全く違った世界の果てみたいなところにポツンと置いて、物語を始めたいと思いました。いろんなアジアの国を回っていく中でマレーシアが一番ふさわしいと思った」と説明。「マレーシアの土地や天気、スタッフから大きな力を得て作った作品です。日本の物語ではありますがマレーシアの方々にもきっと楽しんでもらえることと思います」と自信をのぞかせた。

さらに舞台挨拶終了時には、映画に象徴的に登場する大量のマレー蝶の紙吹雪が宙を舞い、会場は熱狂に包まれた。

『セカンドバージン』は9月23日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top