松坂桃李インタビュー 照れ屋な22歳が見つけた“熱いもの”

最新ニュース

『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
  • 『僕たちは世界を変えることができない。』松坂桃李
スクリーンの中での役柄のイメージとは裏腹にこの男、かなりシャイらしい。「どちらかというと内向的。決して人を引っ張るタイプではないですね」とちょっぴり申し訳なさそうに笑うのは松坂桃李。来春にかけての半年足らずの間に、声優としての出演も含め4本の映画が公開を控える。まもなく公開となる『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』では、カンボジアに学校を建てるべく奮闘する学生ボランティアのリーダーのひとりを演じている。カンボジアでのロケも行われた本作を通じて松坂さんは何を感じたのか——?

できない自分を受け入れる——「その繰り返しでここまで来た」

現在も都内で医師として働く男性の医学生時代の実話を映画化した本作。松坂さんは、向井理演じる主人公・甲太に誘われ、ボランティアに参加する青年・本田を演じている。いかにもイマドキの大学生といった容貌でクラブでも気軽に女の子に話しかける彼は一見、チャラチャラしたタイプ。だがその内には、本当に熱くなれるものを探したいという情熱が秘められていた。
「大学生の役ということで、自分が大学に通っていた頃を思い返して、自分の周りにもこういうヤツがいたな、と思い出しながら役を作っていきましたね。僕自身、大学の頃は熱くなれるものがなくて、この映画のように何か情熱をかけるものがあったら、と後悔するような思いもあるんです。本田はああ見えて実はすごく真面目な男。行動力もあるし、人の心の垣根を軽く超えていける。リーダーシップもあって、僕とは正反対のタイプです。演じる上で苦労したというより『いいな、こういうヤツ』という羨ましく思うような気持ちでした」。

とここで冒頭のやり取りへ。ついつい役柄から、松坂さんに明るくみんなを引っ張るリーダー像を想像してしまうところだが…。なんせシンケンジャーのレッドまで演じていたのだから。
「いや、それは本当にたまたま役柄がそうだっただけで(笑)。負けず嫌いな性格ですが、人を引っ張っていくタイプではないですね。人との関係を作っていくのもちょっとずつ時間をかけて。本田みたいに軽々とは飛び越えられない。今回の映画の登場人物で言うなら甲太かな。誰かに引っ張ってもらいたい……ってそう言うのもどうなんだって感じですが(笑)」。

本田と甲太を中心に学校建設のための資金集めに奔走するが、やがて少しずつ歯車が噛み合わなくなり、活動は空中分解寸前に陥る。そんなとき、甲太が本田に言う「自分を受け入れる」というセリフは印象的だ。松坂さんも「僕自身、その繰り返しでここまで来た」とうなづく。
「成功してきたのも自分だし、失敗したのも自分。いまの段階の自分というのを認めて、受け入れなければ上に上がることはできないんですよね。それは俳優という仕事をする中で分かってきましたね。いまの自分にはこれしかできない。それを一度受け入れて、じゃあどうしたらいいのかと考えることが大切なんだな、と」。

「何色にでも染まれるように真っ白でいたい」

向井さんや柄本佑、窪田正孝らと共に訪れたカンボジアでの撮影について「向井さんは本当に兄貴みたいな人で、みんなで飯食いに行ったり、酒飲んだり、ワイワイと楽しかった」とふり返る。一方でカンボジアの歴史や現状に触れ、劇中の甲太たちと同様に考えさせられる部分も。
「そこは本田や甲太たちと同じで衝撃を受けました。現実を目の当たりにして、TVや教科書で知るよりも強い衝撃を…。自分で行って、知って、それだけでもこの映画に参加して良かったと思えたし、行動すること、知ることの大切さを改めて感じました」。

「いまは、この仕事が僕にとって本田の言う“熱いもの”になった」と松坂さん。この1年ほどで次々と話題の作品に出演するが、自身の変化を尋ねると「興味のアンテナは増えましたね。成長は…自分の目からは何とも…」と笑うが、目指す俳優像を尋ねるとこんな答えが。
「真っ白でいたいです、何色にでも染まるように。自分の色を持つことも大事ですが、作品ごとに自分を変えていくことも必要だと思う。それで自分の表現が変わっていったら面白いな、と思います。やったことのない役全てやりたいです」。

素顔は照れ屋な22歳。スクリーンでは今後も意外な顔を見せてほしい。



stylist:鈴木のり子
衣装協力:ato AOYAMA (03-5474-1748)

『僕たちは世界を変えることができない。』3連続インタビュー
http://www.cinemacafe.net/ad/bokuseka/

:: 向井理インタビュー coming soon!
:: 原作者・葉田甲太×峯田和伸インタビュー coming soon!
《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top