宮崎あおい、堺雅人と「とことん夫婦役を演じ続けるのも面白そう」

最新ニュース

『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
  • 『ツレがうつになりまして。』イベント
映画『ツレがうつになりまして。』完成披露試写会が9月27日(火)に開催され、上映前にペニンシュラ東京(東京・有楽町)内のチャペルにて行われた会見に宮崎あおいと堺雅人が出席した。

細川貂々のベストセラーとなった人気コミックエッセイを映画化。突然、うつになった会社員の夫(=ツレ/堺さん)と彼を支える漫画家の妻・晴子(宮崎さん)が病に向き合い、少しずつ成長していく姿が優しく描き出される。

教会でのイベントとなったが、宮崎さんは劇中に登場する教会のシーンが最も印象に残っているそう。こちらのシーンの撮影には原作者の貂々さん夫婦も参加しており、「難しいシーンでしたが不思議と心に残ってます」と笑顔。堺さんも「ご家族を目の前に演じるというのはグッとくるものがありました」と頷いた。

NHK大河ドラマ「篤姫」に続いての夫婦役での共演となったが「『篤姫』のときから信頼しているので、遠慮なく何でもできるし、普段から一緒にいるときでも変な気を遣わなくていいから楽です」と宮崎さんが言えば、堺さんも「全幅の信頼を置いています。誰かの真似ではなく我々だからこその夫婦になったと思う」と語り、特に「ケンカのシーンをリハーサルしたのが面白かったです」と述懐した。

また共演するなら? という問いに堺さんは「2回夫婦を演じたので、違う役をやりたい気持ちもありますが、ここまで来たらずっと夫婦を演じ続けたい気もします(笑)。僕がボンヤリした役であおいちゃんがエキセントリックな役だったら? とか考えても楽しいですね」と想像を膨らませた。宮崎さんも「とことん夫婦をやるというのもなかなかいないし、新しくて面白いかも」と笑顔を見せていた。

また、今回演じた夫婦像については「2人の幸せの形を探しながら、頑張れないときは頑張らないで上手なバランスを見つけた素敵な夫婦」(宮崎さん)、「100点に近づけるのではなく、自分たちなりの100点を見つけようとする。それはすごく大事で勇気がいるし、美しいこと」(堺さん)とそれぞれ魅力を明かした。

『ツレがうつになりまして。』は10月8日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top