感動のドラマが詰まった『はやぶさ』の新画像が到着! 満天の星空に映る正体は?

最新ニュース

『はやぶさ/HAYABUSA』 -(C) 2011『はやぶさ/HAYABUSA』フィルムパートナーズ
  • 『はやぶさ/HAYABUSA』 -(C) 2011『はやぶさ/HAYABUSA』フィルムパートナーズ
2010年、数々のピンチを乗り越えて、地球に奇跡の帰還を遂げた小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトチームの感動の実話を映画化した『はやぶさ/HAYABUSA』が10月1日(土)より全国にて公開となる。これを記念し、シネマカフェに本作の新たなる画像が到着! 満天の星空にひときわ目立つ白い炎、この正体とは…?

今年は「はやぶさ」を題材にした映画が続々と製作される中、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと徹底したリサーチが行われ完成した本作。宇宙への強い思いを共有するプロジェクトチームのスタッフたちの姿が、観る者の感動を誘う。今回届いた写真に映る、炎の正体こそが、広大な宇宙から地球に帰還した「はやぶさ」の燃え尽きる瞬間の姿。絶体絶命のピンチに見舞われてきたスタッフたちの諦めない思いが届き、「はやぶさ」はこの後、見事にその役目を完遂するのだ。

ちなみに、公開に先駆けて30代前半〜50後半の男女47名を対象に実施された本作のレビュー調査では、100点満点中平均88.2点という高得点が集まり、さらに「子供に見せるべき映画か?」との問いには、46人中45人と、ほぼ全員が「見せたい」という回答を寄せた。また、はやぶさの奇跡の裏にある人間ドラマについては、自分自身に問いかけるように「夢は諦めないこと、物事は最後までやり続けることが大切だと自分にも言い続けていきたい」、「いつも諦めてばかりの自分を反省し、何にでもトライしたいと思った」という前向きな声が多数集まっている。宇宙を相手にした仕事というと自分の生活とは遠いところにある存在のように感じられるが、そこに関わっている人々の苦難や迷いといったものはごく普通の生活の中にもあるもので、そこに共感する人が多かったようだ。

壮大な宇宙のドラマに思いを馳せながら、自身の内側を見つめてみる。そんな観方をしてみるのもいいかも? 『はやぶさ/HAYABUSA』は10月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top